日刊大衆TOP 娯楽

【競馬データ予想】 崩れないジャスタウェイ本命

データ予想 須田鷹雄
上がり勝負も消耗戦もこなす
崩れないジャスタウェイ本命



今年の安田記念は登録頭数がフルゲートと同じ18頭。「一応登録」組もいるので、フルゲート割れは確実な情勢だ。

その一因は、◎ジャスタウェイがいることだろう。世界最高のレーティングを誇る同馬は特に東京を得意としており、人気になるのは当然のことである。

それに対して3歳馬△ミッキーアイルが斤量差を生かして、どの程度やれるか、というのが焦点だが、私自身はすでにシルシを示したとおり、ジャスタウェイを重視してミッキーアイルをやや下げる予定でいる。

理由の一つはコースだ。ミッキーアイルがNHKマイルCを逃げ切り、ヴィルシーナがヴィクトリアマイルを勝ったことで「もう府中マイルGⅠでの逃げもアリ」という空気になっているが、ニッポーテイオーからカレンブラックヒルまで逃げ切り勝ちがなかった事実は、やはり重い。

もう一つは展開だ。ミッキーアイルはNHKマイルCでも、前後半がぴったり同じ46・6秒。平均ペースだがGⅠという舞台であることを考えると実質スロー。同馬の連勝のうち前半のほうが速かったのはアーリントンCだけで、それも最後、自身がほとんど追わない楽勝だったことによる。

今回は、先行馬だが上がり勝負は嫌なカレンブラックヒルなど2~3番手にいる馬が、今までにないプレッシャーをかけてくる。

一方でジャスタウェイは、スローからの上がり勝負も平均ペースの消耗戦もこなした実績がある。こちらは人気がさらに上だが、崩れないという点で外せない。

では、ほかに買うべき馬はどれだろうか?

過去の例からすると、中距離以上のGⅠやGⅡで好走歴のある馬が有望だ。

○は昨年の2着馬ショウナンマイティ。大阪杯組はこのレースと相性がいいうえに、昨年2着で適性を証明済みだ。

あとはもともとクラシック戦線を賑わせ、ここへきて復活してきた▲グランデッツァ、★ワールドエースに注目したい。



■須田鷹雄 プロフィール 
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

【競馬データ予想】 崩れないジャスタウェイ本命

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.