日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】迷わず4枠を狙い打ち

競馬新理論 井崎脩五郎
迷わず4枠を狙い打ち



安田記念は、平成17年に4枠7番のアサクサデンエンが勝ったのを最後に、4枠がまったく連に絡んでいない。

では、その間、4枠には来そうにもない馬ばかりが入っていたのかというと、実はそんなことはない。

たとえば、平成19年には、1番人気のスズカフェニックスが入っていた。同馬は前走で、GⅠの高松宮記念を2馬身差で圧勝。その前には、安田記念と同じ舞台である東京芝1600メートルの東京新聞杯を、1分32秒7という好タイムで差し切り勝ちしていた。

だから人気になって当然だったのだが、これが伸び悩んで、まさかの5着。

平成20年には、3番人気の香港馬グッドババが、大バテして17着。

平成23年には、三冠牝馬のアパパネが、前走のヴィクトリアM勝ちの余勢を駆って1番人気で出走したが、伸びを欠いて6着。

平成24年には、前走の京王杯SCを休み明けで勝ったサダムパテックが1番人気になったが、まるで伸びて来ず9着。

そして昨年は、2番人気のグランプリボスが、出遅れて10着。

トータルすると、この8年間、4枠馬は「00115」なのだ。

しかし、今年は要注意。昨年の4枠が、こうなっていたからだ。

4枠 グ(ラ)(ン)プリボス
〃  マ(イ)(ネ)イサベル

これは、ライネン(来年=平成26年)は4枠というサインだ。



■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】迷わず4枠を狙い打ち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.