日刊大衆TOP グ スーヨン

第9回 ほらほら、エロ記事ばっか読んでちゃダメでしょ~! 本は読むもんじゃないっ、見るものだ!何度も何度も見てると、あらあら不思議!自然にイメージが浮かんでくるではないですか…

2014-06-04

天才CMプランナー グ スーヨンが教える「いいかげん学習法」


大量に本を読めという話をすると、低レベルのいろんな泣き言が返ってくる。
「目が疲れて、たくさん読めないんですよ」
ドラッグストアに行って、目薬を買って下さい。
最近じゃ疲れ目に効く良い目薬が、たくさん売ってますから~
「本読み出すと、すぐ眠くなっちゃうんですよね」
立って読めよ。
コーヒー飲めよ。
ドラッグストアに行って、カフェインドリンク買って来い。
「早く読めなくて… 速読とかできないんです」
速読なんて、オレもできねーよ。
「分からないと、何度も何度もページを行ったり来たりしちゃって」
初めて読むんだから、分からないのは当然です。
バカのクセに、最初からすべて理解するつもりで読むんじゃないの。
「難しいのが無理、面白くないと、読み続けられない」
お楽しみのために、本を読むわけじゃないんだよ~(これ重要!)
勉強のために読むんだよ~
楽しんじゃダメだよ~

改めて目的を確認しましょう。
アナタが本をたくさん読むのは、なにも学者や専門家、批評家になりたいわけじゃないんだよね。たぶんなれないし(何歳か知りませんが)
アイディアがボロボロと溢れ出てくるための準備のために、読んでるんですよね。
脳みその中に無いものは、どうやったって出てこない!
そのための大量読書術です。(学者さんや専門家の人の、じっくり読まなきゃイケナイ本は、もちろんじっくり読んでください)

前回の2で質問というか、ご指摘があったのでちょっと補足します。
目次を眺めるというのは、買った本全部の目次を眺めて、その中での順列を決めるということです。もちろん、中のページをパラパラしてもいいけど、目次に絞れば、カンが働きやすくなって判断しやすいです。
それでは、3段階に進みましょう!

3.パラパラめくって、ページの角を折る
2の目次を眺めて一番信用性の高いと感じた本を手に取ります。
なんとなーくパラパラめくって、大事なことが書いてそうな箇所を見つけてください。
なんとなーくここら辺りに大事なことが書いてあるんじゃないかなぁ?と思ったら、ページの角を折っておきます。
絶対に読み込んではいけません。
なんとなーくです。文章の流れをカンで見ていきます
本によって異なりますが、だいたい1冊で30ページから40ページくらいになるでしょう。

4.折ったページだけ読んで、重要だと思ったところに赤線を引く
その折ったページだけをいいかげんに読みましょう
折ったページのところだけでいいんです。
そして、ああ、これだな!と思った重要な文章に赤線を引きます。
ここでも考えてはいけません。
なんとなーく重要だなと思うだけで充分です。
ここまでの所要時間は、だいたい40分から1時間程度にしてください。

5.赤線を引いたところだけをノートに書き写す
どんなノートでもいいです。
ボクの場合、小さめの手帳なんかを使っています。
最初に日付を入れて、本とタイトル、著者名、出版社などのデータを書き込みます。
で、赤線を引いたところだけをあんまり考えずに書き写します。
深く考えちゃダメです。
重要! 書き写した文章の、元本ページ数を忘れずに書き留めておいてください。(これも重要)

キレイな字じゃなくても、まったく構わない。
後で自分で解読できればいいでしょ。
何冊も何冊も、どんどんノートが増えていくのが何とも言えない快感になってくるんですよねぇ。へへへへ

1冊目は、これで終了!
1冊だけでも、もうすでになんとなーくイメージが浮かんでくるはずです。
書くスピードの個人差はあるけど、2時間もあればOK!

じっくり読むよりも、なんとなーく少し掴めたような感覚があるはずです。
あら? 信じてない顔だなぁ?
ウソだと思うなら、やってみれば?
次は、残りの2冊を読みましょう! 来週ね!

グ スーヨン(具秀然 gu suyeon) プロフィール
1961年、山口県下関出身の在日韓国人二世。
CMディレクターとして多くの話題作を手掛け、注目を集める。
1994年にGOO TV COMPANY ltd.設立。その才能は多岐に渡り、作詞家としての活動をはじめ、2001年には初の小説「ハードロマンチッカー」を刊行。小説家としても高い評価を得る。
2002年に2冊目となる小説「偶然にも最悪な少年」刊行。
ACC最高賞、ロンドンクリエイティブアワード他、受賞多数


グさんが手掛ける話題のタクシーCMをCheck!
『グとハナはおともだち』
【CM作品】
・ケビン・コスナーのサントリーモルツ
・永瀬正敏の資生堂メンズスタイリングムース
・「脱いでもすごいんです」のTBC
・「パソコンできない人は亡びる」COMPAQ
・ジャン・レノのHONDAオルティア
・内藤剛士の「だって8時間だもん」SONYハンディカム
・ウルフルズの資生堂GERAIDOから堂本剛の資生堂GERAIDO
・鼻血を出した金城武のライフカード
・菅野美穂の「なにのもっかなぁ」サントリービタミンウォーター
・「ピンキリ」優香と加藤君のカーセンサー
・ひろみ郷の雪国まいたけ
・「あきらめましょう」を歌う華原朋美、伊藤蘭のポッカ
・金城武のLYCOS
・柳沢慎吾のピザーラ
・福山雅治のダイナブック
他、IBMのe-business、缶コーヒーのジョージア、ヤクルトジョア、ポラロイド、日本火災、DDIセルラー、うまかっちゃん、関西J-phone、九州J-phone、所ジョージのラビット、佐川急便、篠原凉子の「やばっグッときた」ORIXカード
など、お茶の間を騒然とさせる話題作多数。


【出演番組】
1995年:テレビ朝日の「えびす温泉」では、レギュラー審査員。
1998年:テレビ朝日ドキュメント「21世紀への伝言」で、現在活躍する在日韓国人クリエイターとして出演。
1999年:TBSの「情熱大陸」で、自身をドキュメントされた。
2010年:タクシーちゃんねる「グとハナはおともだち」
2013年:ベイFMレギュラー番組「接続したくない人たち」毎週月曜25時~


【手がけた作】
・内田有紀「baby's growing up」MTV
・槙原敬之「SPY」「どうしようもない僕に天使が降りてきた」MTV
・チャー「SMOKY」MTV
・ウルフルズ「まかせなさい」MTV
・内田有紀のアルバム「愛のバカ」「nakitakunalu」プロデュース
・ポッカのCMソング「あきらめましょう」や田原俊彦、林明日香、ラグフェアなどの作詞を手がける。

2001年3月:初の小説「ハード・ロマンチッカー」刊行
2002年6月:「偶然にも最悪な少年」刊行
2003年9月:初監督映画、「偶然にも最悪な少年」全国東映系ロードショー。主演 市原隼人、中島美嘉主演
2005年:韓国プチョン国際ファンタスティック映画祭に審査員として招かれる。
2007年5月:映画「プルコギ」全国公開。主演 松田龍平、山田優
2010年1月:テレビ東京「ジロチョー清水の次郎長維新伝」監督
2011年11月:映画「ハードロマンチッカー」全国公開。主演 松田翔太


【2015年公開予定のグスーヨン監督映画が現在企画進行中】
プルコギ 偶然にも最悪な少年 ハードロマンチッカー 偶然にも最悪な少年

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.