日刊大衆TOP 芸能

本誌だけが知っているASKA「黒いシャブ人脈」全部バラす!

[週刊大衆06月16日号]

日本中に大きな衝撃を与えた逮捕劇は、いまだ、多くの関係者に波及し続けている――。

5月17日、覚醒剤所持の容疑で逮捕された、『CHAGEandASKA』のASKAこと宮崎重明容疑者(56)と栩内(とちない)香澄美容疑者(37)。

2人は取り調べに対して否認を続けていたが、一転、ASKAが容疑を認めて自白し始めたことで、同27日、同使用の容疑で再逮捕された(ASKAは麻薬取締法違反でも再逮捕)。

「警視庁は逮捕直後から、2人の自宅やASKAの所属事務所などにガサをかけて、パソコンや携帯電話を徹底的に押収してきました。目的は、薬物の入手先や人脈を特定するため。というのも、ASKAはわかっているだけで十数回分の覚醒剤や90錠のMDMAを所有。他にも大量の薬物を隠しているとみられるだけに、ASKAのバックには巨大なシャブルートが控えていると同時に、彼自身も売人のような動きをしていた可能性があるんです」(警視庁担当記者)

芸能界のみならず、政財界やスポーツ界にまで伸びると言われる、ASKAの"黒い人脈"。
本誌がそれを追うと、あまりに多くの情報が飛び込んできた。

そのルートを明らかにする前に押さえておきたいのが、人材派遣大手『パソナ』グループとの関わりだ。

「すでに大きく報じられているように、栩内容疑者はパソナグループの会社社員(退職)で、2人を結びつけたのが南部靖之代表でした。彼女は、南部代表のお気に入りで、いつも行動を共にしていたそうです」(前同)

実は、南部代表は"夜の社交界"では知る人ぞ知る存在だったという。

「南部代表は、東京・元麻布に迎賓館"仁風林"を構えていました。夜になると、都心とは思えぬほど暗く人通りの少ない場所にあるその建物は、大きな門構えの向こうがうっそうとした森のようになっていますが、そこで月に数度、著名人や有力者を集めた大規模なパーティを開催していたんです」(夕刊紙記者)

そこで接待役として来賓を迎えていたのが、栩内容疑者だった。

「南部代表は、自分の秘書の役割と同時に、そうした接待要員になる女性をグループ社内から10人以上も選抜していたようです。栩内もその一人でしたが、今回の逮捕現場にもなった栩内の自宅は一人だけ異例で用意された社宅でしたので、よほど特別な存在だったと思われます」(前同)

迎賓館での交流を通して、栩内容疑者は大きな人脈を持つようになった。

「ギタリストのN、大物歌手H、プロダクション幹部Mなど、誰でも知ってるような名前が、迎賓館に集っていたようです。なかには、すでに週刊誌などで薬物使用疑惑を書かれた人たちもいるだけに、その関係性も重要な捜査対象となるかもしれません」(前同)

さらに、ある政界関係者は
「この迎賓館に多くの政治家が集っていたことは確か」
と、こう打ち明ける。

「たとえば、夕刊紙や写真誌でも報じられたように、民主党の前原誠司元代表の妻がパソナの元秘書だったのは有名な話ですよ。他にも安倍首相を始め、現役閣僚など与野党の大物たちも参加者だったと明らかにされた。そもそもパソナグループの取締役会長が竹中平蔵氏なのだから、政界との関係は当然と言えば当然のことかもしれないけど」

この中で知り合ったASKAと栩内容疑者だが、
「2人が所持、使用していた薬物はASKAが仕入れていた物と見ている」(捜査関係者)
という。

「ASKAは複数のシャブルートを持っていて、それを駆使してシャブやMDMAを集めていたようだ。そして、それらの"保管庫"として、栩内の自宅を使っていた形跡がある。ただ、疑われるだけでも多くの線があり、さらに、その中のどのルートが、どこまで深いのか、どの時期につながりがあったのかという特定には時間がかかりそうだ」(前同)

ASKAとの関わりが最も強い音楽仲間のルートも、その一つだ。

「ある音楽仲間Gの元マネージャーと、そのバックダンサーが、ASKAの逮捕と時期をほぼ同じくして、覚醒剤の所持で逮捕されているんです。そして、その2人がASKAの薬物の供給元ではないかとの情報が業界を駆け巡っています」(芸能プロ関係者)

次ページ >> 本誌だけが知っているASKA「黒いシャブ人脈」全部バラす!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.