日刊大衆TOP 芸能

人気女子アナ「プライベートマル秘肉食現場」調査報告 vol.3

[週刊大衆09月24日号]

一方、テレ朝のロンドン五輪キャスターを務めたのが竹内由恵アナ(26)。ロンドンでは、あの福山雅治が彼女にメロメロだったという。シドニー五輪から4大会続けて、テレ朝の五輪カメラマンとして写真を撮っている福山だが、「いつもはテレ朝のブースに顔を出さないのに、今回は竹内アナの周りをチョロチョロしている姿が目立ちました」(テレ朝関係者)

小動物のような可愛らしさが売りの竹内アナだが、「体にぴったり張りついたチビTを着て胸を強調したり、パンティが見えちゃいそうな超ミニを穿いたり、意外に大胆なファッションが好きなんです」(前同)

下関氏も、「小首を傾げて上目遣いで男を見るのが、竹内アナの必殺技。ああ見えて男性経験値は高そうだし、"隠れ肉食系"だと思います」

同じテレ朝の下平さやかアナ(39)は、"恋多き女子アナ"といわれてきた正真正銘の肉食系の巨乳アナ。09年には巨人のドラ1ルーキー・長野久義と浮き名を流したのだが、「あけっぴろげな下平アナは"長野クンの体力って凄いんだよね~"と、周囲に盛んに吹聴していたとか。最近は後輩の小松靖アナと親密らしく、"こないだ、小松クンと行った焼肉店が美味しかった"なんて話しているとか」(前同)

日テレのベテラン・馬場典子アナ(38)は、男との海外旅行の旅費を別の男に出させるなど、セコい不正と二股愛がバレて、イメージがガタ落ち。さらに最近、新たな男の存在が判明したというから驚きだ。
「相手は、なんと職場の上司のプロデューサー。窮地に立たされた彼女の唯一の頼みの綱となった彼に、馬場アナは毎日、40通ものメールを送っているとか。それも"今夜は一緒にいたい気分"とか"添い寝してほしい"とか、かなりアツ~い内容らしくて」(制作会社スタッフ)

かつては"お嫁さんにしたい女子アナ"といわれた彼女だが、いまは"愛人にしたい女子アナ"ナンバーワン!?

秋を迎えて、肉食系女子アナの"食欲"は、ますます旺盛のようである。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.