日刊大衆TOP 社会

日本イビリで墓穴を掘った…韓国「世界から袋叩き」大惨状 vol.2

[週刊大衆11月11日号]

アジア各国の嫌韓も数えたらきりがない。
「台湾は韓国嫌いの最右翼でしょう。孔子や老子を韓国出身と言い張るため、台湾メディアには最近"恥知らずな韓国人"のフレーズが頻発しています。台湾は大の親日国家でもあるため、日本に無理ばかり言うことにも批判的ですよ」(全国紙外信部記者)
韓国は92年に中国と国交を樹立するや、台湾と断交。
その"手のひら返し"も台湾人にとって、忘れられぬ怒りとなっている。

同様に"終生消えぬ"因縁を抱えるのがベトナムだ。
「ベトナム戦争時に派兵された韓国兵は31万人。韓国軍は村を焼き、民間人を殺すなどの狼藉(ろうぜき)が確認されており、レイプなどで現地で女性をはらませた"越韓混血児(ライダイハン)"が数万人います」(前同)

欧米の韓国嫌いは、もはや筋金入り。
先のBBCの調査では、韓国を嫌う国は、「1位ドイツ、2位フランス、3位カナダ、5位英国、8位米国、9位オーストラリア」と欧米諸国が上位を独占。
「EUでは韓国を"世界最大の偽造品輸出国"と名指しで非難しています。偽造ブランド品の加工や販売が横行していますからね」(外務省関係者)
ちなみに、韓国国民が最も尊敬する国として挙げるドイツだが、ここにも嫌われているのが現状。
韓国国民は気づいているのだろうか?

そしてとうとう、韓国男性との結婚に"ノー"を突きつける国まで現れた。
「先般、キルギスの副首相が韓国大使を呼び出して、"このままでは韓国人との結婚禁止法案が議会に出かねない"と厳しく通告。原因は、韓国人男性のDV(家庭内暴力)頻発です」(前出・外信部記者)

男尊女卑が色濃く残るとされる韓国社会。
「日本、オーストラリア、韓国でショーダンサーとして働いたけど、韓国は地獄だった。仲間に聞いてみたら、みんなそうだったネ」(六本木のロシア人女性)
もはや親韓国家を見つけるほうが難しい状況だ。

さらに北朝鮮と休戦状態にある国だけに、米国とだけはコトを構えてはいけないはずだが、こちらも雲行きが怪しい。
「米国製の艦対空ミサイルSM2が演習で命中しないからと、米国に難癖をつけたんです。これは韓国軍のオペレーションと品質管理の問題のはずですから、イチャモンをつけられた米国は大迷惑ですよ」(軍事ジャーナリスト・井上和彦氏)

朴槿惠(パククネ)大統領がオバマ大統領やヘーゲル国防長官に、「安倍政権はひどいから叱ってやって」とやったのもマイナスのようだ。
「韓国社会は伝統的に"告げ口社会"。サムスンや現代(ヒュンダイ)といった会社でも、告げ口が横行しています。ゴマスリと告げ口で邪魔者を消す手法は、昔から変わっていません」(前出・室谷氏)
ところが、朴大統領の告げ口のかいなく、アメリカは集団的自衛権の問題等で日本支持の立場を打ち出した。
韓国国内では効果的な告げ口も、国際社会には通用しなかったわけだ。

いまや、四方八方嫌韓だらけ。
そんな"世界の孤児"に、巷で囁かれているアメリカンジョークがある。
〈神が日本を創るとき、勤勉な人間と美しい風景とすごしやすい気候を与えた。天使が言った。「神様、これでは日本が恵まれすぎています!」神は言った。「心配するな。試練は与えてある。日本の隣に韓国を作ったから」〉

中国同様、かの国にも手痛い"倍返し"が待っているようだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.