日刊大衆TOP コラム

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第22回

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第22回

もっと画像を見る

45歳、妻子持ち、当サイト編集部員。家族にも仕事にも恵まれたが、ただひとつ、髪の毛にだけは恵まれなかった…。俺の髪は、このままどんどん薄くなってしまうのか? いや、あきらめちゃいけないんだ!! 決心した男の髪の毛を取り戻すための闘いが今始まる―― 。アラフィフど真ん中のサラリーマンSが送る魂の「AGA治療」実践ルポ。ストップ・ザ・AGA!!

前々回(第20回参照)、大学生のとき以来となる美容院に行ってから1カ月ちょっと。私はまた美容院に行った。担当のお姉さんに「今日はどうされますか?」と言われた私はハッキリと「お任せで」と言い切ると、ひとり感慨に浸った。

なんの感慨に浸ったかといえば、頭頂部がハゲ散らかっていた頃の私は、例えば床屋に行っても『ここが隠れるようにお願いします』とか『あんまりこっちのほうは切らないようにお願いします』的なことしか言えなかったからだ。『お任せで』と言えるこの喜びは、ハゲたことがある者にしかわからないだろう。

美容院のお姉さんにドライヤーのかけ方などをレクチャーされるようになってからは、自宅でドライヤーをかけるようにもなった。ハゲの頃はドライヤーのかけ方をレクチャーされることなどなかっただけに、これも私にとっては嬉しい進歩だ。

このようにすべてが順調に進んできている中、唯一の不安が「短い毛がぽろぽろと抜けている気がする」ことだ。私はいつも自宅の洗面台でドライヤーをかけるのだが、ドライヤーをかけ終えると決まって、短い毛が4、5本パラパラと落ちていることが多いのだ。今までそんなことがなかっただけに(そもそも抜ける毛がなかったともいうが)、これは不安といえば不安だ…。もしや、せっかく生えてきている毛が抜けているのではなかろうか。

そんなわけで、ヒルズタワークリニックでのいつもの施術中、先生に聞いてみた。

「先生、私、最近ドライヤーをかけてると、短い毛がぽろぽろ抜けたりするんですけど…これは抜け替わりか何かなんでしょうか?」
「まあ、そうですね。発毛にはサイクルがあるので、抜け毛がゼロになるってことはないんですよ。普通に脱毛症じゃない方も50~100本くらいは抜けてますから」
「あ、そんなに抜けるもんなんですね。ちなみに今、私の髪は完璧な状態を10としたら、現状どのくらいの段階まで来てるんですか?」
「戻したいレベルが、過去のSさんのいつ頃の状況を想定しているかにもよると思いますが…」
「そうですね…できれば30代前半頃の状態までには戻りたいなと思ってます。きちんと先端のほうまで栄養が行き渡るような状態といいますか」

30代前半の頃の私の髪はどうだったかというと、今ほど薄毛は目立っていなかったし、前髪もまだボリュームがあった。もっというと私の髪質はもともと天然パーマなのだが、30代前半の頃は髪質もコシがしっかりしていたせいか、そこまで強いパーマ感はなかった。それが30代中盤を過ぎた頃から、伸びてくる髪の途中でコシがなくなり、そこから徐々に抜け始めていったという実感があったからだ。私は質問を続けた。

「いま生えてきた髪の毛を維持する、もしくはさらに成長を高めていくために、生活習慣の中で注意しなきゃいけないこととかってありますかね? 例えば、お酒とかタバコとか…」
「タバコはやはり血管が収縮して血流が悪くなりますし、お酒も当然、飲みすぎは良くないですよね。基本的には体内のホルモンバランスの問題がAGAの原因ですから、徹底してやろうと思ったら食事や生活環境を徹底して改善する必要があるんですが、Sさんの場合、今は十分効果が出てきてますから、そこまでしなくてもいいんじゃないですか」

私が心配しすぎなのだろうか…。これもすべては、ハゲとして過ごしてきた期間が長かったせいだ。

(次回に続く)

編集者が送る ガチの育毛プロジェクト ブログ

 

ヒルズタワークリニック
URL:http://www.htc-aga.jp/
診断時間10:00~23:00(完全予約制)
専門の男性スタッフが対応24時間365日相談無料
お電話:0120-36-9696

 

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第22回

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.