日刊大衆TOP 芸能

六本木「金属バット撲殺事件」と「芸能界の闇」 vol.2

[週刊大衆10月01日号]

今回の事件の舞台となったクラブといえば、今年春に二股騒動で世間を騒がせた俳優・塩谷瞬も、よく利用していたという。
「昨年の彼の誕生パーティーを、フラワーを貸し切ってやっていましたね。多くの友人や仕事関係者を呼んで派手にやっていて、俳優の川﨑麻世も来ていましたよ」(クラブ関係者)というように、六本木、なかでもクラブは、芸能人の主要な遊び場でもあり、"芸能界の闇"といえる部分にも深く繋がっている。ズバリ指摘すれば、音楽と相性のいいクスリとの関係だ。

最近、人気モデルのAを、フラワーにほど近いクラブでよく見かけるという30代の女性は、Aの行動について、こんな衝撃な発言をする。
「彼女、VIPじゃなくて、人が大勢いる一般フロアを歩いているんですが、その様子がとにかくヤバくて。千鳥足どころじゃないフラフラ歩きで、顔つきも、どう見てもアルコールで酔っている感じではないんです。私、そのクラブに行って、3回連続で、そんな状態のAに出くわしたんですよ」

目撃した女性は、「Aはもうすぐ捕まるんじゃないかな」とまで語っていたが、この類いの話は枚挙にいとまがない。2年くらい前まで、「歌手のBに高確率で会えるから」という理由で、頻繁に六本木に通っていたという20代の女性は、こう証言する。ある日、彼女は今回の事件現場から近い別のクラブで、Bの衝撃の実態を目撃した。
「その日、BがVIPにいると聞いたので、朝方だったんですが、VIPルームを見に行ったんです。すると、中ではBがソファに倒れ込んでいて、口から泡みたいなのを出していたんです。目はイッちゃっていて、失神しているような感じで……本当にビックリしました。先に着いていた友達は、"Bはカプセルみたいなのを酒と一緒に飲んでいた"っていってました……」

実は、Bは以前から捜査関係者の間で、"クスリ疑惑"が囁かれており、それを裏づける証言だ。六本木のクラブで盛り上がったあと、近くの会員制バーに流れるケースもある。こちらは俳優のCだ。
「ラッシュだと思うんですが、それでばっちりキメて、ゲイふうの友達4~5人で大騒ぎしていたそうです。もう乱交状態だったって聞きましたけどね」(常連客)

09月26日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.