日刊大衆TOP 岩井志麻子

【見えないけれど、いる男】 2/4話

2014-06-24

恐怖とエロスの貴婦人 岩井志麻子の 路地裏ホラー

金縛りに遭ったとき、見えない男とまじわってしまった梅雨子。その後、現実に夏川という男に出会ったとき、なんともいえない感覚に襲われた。恐怖なのか期待なのかわからない、鼓動の高まりと鳥肌が立つのを感じた。
「夏川さんと初めてベッドに入ったとき、彼の髪の毛をさわって、あっ、これ金縛りの 男だ、とわかったんです。何から何まで、金縛りの男と同じ。快感も同じでした」

私に怖い話だかエロい話だかわからない話をしてくれる梅雨子は、妙な艶っぽさがあった。ただし、健康的なセクシーさではない。どこか病んでいる気配があった。
「金縛りにあったときも、夏川さんの存在は知ってたんですけど。彼だとは思わなかったし、現実にそういう仲になるとも想像しませんでした。二人きりになるまでは、もちろん髪の毛なんかさわったこともなかったですよ」
「じゃあ、夏川さんは昔からあなたを好きで、生霊になって行ってたのかな」

私は、梅雨子の語る彼を知らない。でも、なんとなく嫌な雰囲気は感じていた。
「彼も、不思議な話をしてくれたんです。彼も真夏のような寝苦しい雨の夜、誰かを抱きしめている夢を見たんですって。知っているのに、誰だかわからない女だったそうです。でも私を初めて抱きしめたとき、あの金縛りの女だとわかったんだって。私も生霊になって、夏川さんを金縛りに遭わせてたのね」

古今東西、幽霊や物の怪とまじわった怪談は多くある。日本で最も有名なのは牡丹燈篭 だろう。
牡丹燈篭を筆頭に、ほぼすべて結末は恐ろしいことになる。生霊との話はあまり聞いたことはないが、これもとうていハッピーエンドになるとは思えない。けれど梅雨子は、夏川本人とも彼の生霊ともまじわり続けていたのだ。

次週に続く



岩井志麻子(いわい しまこ) プロフィール
1964年12月5日生まれ
A型
高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。少女小説家を経て、1999年『ぼっけえ、きょうてえ』が選考委員の絶賛を受けて、日本ホラー小説大賞 を受賞。 半生を赤裸々に語るトークや「エロくて変なオバチャン」を自称する強烈なキャラクターが注目を集める。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.