日刊大衆TOP 芸能

TV各局秋の新ドラマ美女優「ムンムンびしょ濡れシーン」誌上公開 vol.1

[週刊大衆10月01日号]

「今年の秋の新ドラマは、各局とも一線級の女優を投入。近年、稀に見る大豊作といっていいでしょう。ドラマの視聴率が下げ止まらないなか、テレビ局の本気度が伝わってきます」(テレビ誌記者)

美女優が気になる世のお父サンたちに、秋の連ドラのちょっとエッチな見どころを紹介しよう。見る楽しみが倍増すること間違いなしですゾ!
まずは、NHKの朝の連ドラ。堀北真希主演の『梅ちゃん先生』の後を受けてスタートする『純と愛』で、ヒロインのホテルウーマンを演じるのが、いまや"若手の巨乳女優ナンバーワン"と評される夏菜だ。
沖縄・宮古島で育った純(夏菜)は、島でホテルを経営する父への反発から大阪のホテルに就職。そこで知り合った恋人とともに、様々な困難を乗り越えていく青春ドラマだ。
「夏菜は堀北のような知名度はないですが、そのぶん、新鮮な魅力があります。映画『GANTZ』で背面ヌードを披露したり、グラビアで水着になったり、ナイスバディには定評があるだけに、宮古島のシーンでは健康的な肢体を存分に見せてほしいですね」と、TV美女研究家の八木晶王氏も期待のコメントを寄せる。

一方、民放の連ドラの最注目作が、木村拓哉主演のフジの月9『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!』。キムタク演じるサラリーマンが、身に覚えのない罪を着せられて会社をクビになり、ホームレスになってしまうというストーリーで、その相手役を務めるのが香里奈。
「キムタクが、どん底から這い上がっていく姿を明るく描いたコメディーです。香里奈演じる元同僚の生真面目なOLは、常に前向きなキムタクに感化され、次第に惹かれていく。"モテないキャラ"の彼女が、どんどん綺麗になっていく姿は要チェックです」(前出・テレビ誌記者)

このところ、主演ドラマの視聴率が徐々に下がってきているキムタクだけに、相手役に抜擢された彼女の責任は重大だ。
「ドラマでは恋に不器用な役を演じることが多い香里奈ですが、もともと容姿は超一級品。今回はフェロモン全開でお願いしたい。ホームレスのキムタクと青カンするシーンがあれば最高なんですけどね(笑)」というのはエッセイストの下関マグロ氏。キムタクが男になれるかどうかは、香里奈次第ということか。

売れっ子女優である北川景子と長澤まさみの"女教師対決"も見逃せない。北川が小学校の教師に扮する『悪夢ちゃん』(日テレ系)と、長澤が高校の英語教師を演じる『高校入試』(フジ系)が、それだ。

北川が扮するヒロインは周囲には理想の教師と思われているが、実は腹黒いところのある性悪な女。そんな彼女が、予知夢を見ることができる女子児童"悪夢ちゃん"とともに、謎解きに挑戦するファンタジック・ミステリーだ。
「美人だけど、実は腹黒いという設定が北川景子にドンピシャで、それだけで笑えます。コメディエンヌの才にも恵まれた彼女の怪演が見もの」(前出・八木氏)

一方、『高校入試』は長澤演じる帰国子女の新米英語教師が、名門高の入試を中止させようとする陰謀に立ち向かうミステリー。映画『モテキ』や連ドラ『都市伝説の女』で、セクシーさをアピールした彼女が一転、シリアスな役を演じるのが見どころだ。

09月28日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.