日刊大衆TOP 社会

「維新分裂」で政界大ガラガラポン

[週刊大衆06月23日号]

石原慎太郎氏と「協議離婚」。
また新党立ち上げでウンザリしているかと思いきや、意外と元気という橋下徹氏。

維新の会幹部が言う。
「石原さんから出て行ってくれたので、ホッとしてますよ。江田憲司代表の結いの党との合流には、石原さんの"自主憲法制定"がネックだったから、これでうまくいく。あとは野党再編をどう進めるか、いろいろと構想を巡らせてるようです」

"将来の総理候補"という異名も今は昔。
昨年の「慰安婦発言」に始まり、参院選、堺市長選と連敗し、起死回生の"出直し市長選"で再選するも「税金のムダ遣い」と批判され「大阪都構想」の実現は絶望的。

「政治家として、もう終わりか」(全国紙政治部記者)と、厳しい声も出始めた折の分党騒ぎに、メディアは「野党再編のカギを握る」と大注目。久々に浴びたスポットライトに、ヤル気まんまん。結いの党と合流した場合の次の一手まで、見越しているという。

「民主党ですよ。前原誠司元代表とは昔から仲が良く、維新分裂の前週には、京都の寿司屋で江田氏と3人で野党再編の戦略を練っています。民主党の細野豪志氏も、改革の同志。この2人と連携し、今後は民主党を揺さぶり、労組依存でない議員を中心に分裂を誘う作戦です」(夕刊紙デスク)

結い、民主の一部に続くのは、まさかの公明党である。
キーマンは、結いの江田代表。
どういうわけか。

維新の会関係者が言う。
「創価学会の若手最高幹部が、江田さんと東大時代の同期。この幹部に"合併新党で一から出直すのでよろしく"と仕切り直しで協力を仰ぐ戦術です。集団的自衛権問題では安倍政権に痛めつけられている公明党・創価学会ですから、悪い話ではないはず」

公明と手を組めば、大阪市議会も過半数以上の議席を獲れる。
暗雲の垂れ込めた「大阪都構想」実現も、希望の光が差し込むわけだ。

もう隙は見せられない。
「維新を離党した東国原英夫氏からラブコールが来ても、橋下さんは無視しているようです」(前同)

突如動きだした政界ガラガラポン、さてどうなる?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.