日刊大衆TOP 佐野美和×鈴木宗男

第4回 読者参加型連載 <美人過ぎる元八王子市議>政治キャスター・佐野美和がゆく アナタのお悩み一刀両断!困った時は「ムネオ先生に訊け!」

2014-06-15

政治キャスター・佐野美和がゆく アナタのお悩み一刀両断!困った時は「ムネオ先生に訊け!」


“美人すぎる市議”として<美人すぎる○○>の先駆けともなった、元八王子市議にして元ミス日本。現政治キャスターとして活躍中の才媛、佐野美和をナビゲーターとして、”政界の頼れる親父”新党大地代表 鈴木宗男元衆議院議員が日刊大衆読者のお悩みをズバッと一刀両断! 明快にお答えするコーナーです。




美和 今のシーズン、政治家のみなさんのパーティーが連日連夜赤坂界隈のホテルとかで催されていますね。

宗男 私も主催したり、呼ばれたり、40年以上そういったことは続けているよ。

美和 私も仕事柄、いろんな議員の方々のパーティーにお邪魔していますが、その際の宗男先生の立ち振る舞い、人との接し方と言うのは多分国会議員で1番でしょうね。

宗男 私は会場に入った瞬間に空気を読むね! 空気がすぐ分かります!!

美和 会の偉い人から壁の花になってる人まで、入念に声を掛けていきますものね。フットワークがすごいです! 今回は、そんな宗男先生にぜひ聞いてみたいご相談です。

~介護福祉士 38歳 男性の方からのご相談~
介護の仕事をしているのですが、相手の方(特に女性)に対して"優しくする加減"がわかりません。平等に優しく接しているつもりなのに、複数の女性(60代後半の熟女!)に過剰に懐かれてしまい、しまいにはえこひいきだと上司に告げ口され、職場でもなんとなく気まずい空気感になってしまいました。女性相手の仕事で、どんなふうに接すれば角が立たずに済むのでしょうか?

宗男 これは簡単です! 全員にニコニコしてればいいんですよ!!「笑う門には福来る」って言うでしょ?私なんかもね、中川一郎先生の秘書になって三年間は怒ったことなんて無く、いつも笑顔でしたよ。

美和 ええっ!? <恫喝の宗男>と呼ばれた先生が?? ウソです。スミマセン(笑)。

宗男 中川先生から「鈴木君はいつも笑顔だ」と言われるくらい自分を殺していましたよ。本当の私は気性が激しい人間なのに。悔しい時でも、ラジオ体操だと思って頭を下げてたね。

美和 不条理でも、謝らなくちゃいけない事ってありますよね。

宗男 頑張って耐えてニコニコしてるとね、周りから「愛想がいい」とか「元気に頑張ってる」というような自分に対する見方が出てくるようになるんだね。

美和 時には自分を殺していたりもしたんですねぇ・・・石の上にも三年ですね!

宗男 選挙の時とかね、お年寄りの女性なんかに声かけると非常に喜んでくれますよ。だけれどね、私はみんな平等に接しました。でも時には、社長さんとその下の人が居る時とかだったら、私は下の人の方をなるべく大事にしようとしたね。

美和 さすが気配りの宗男先生!

宗男 その相談者の方もそうだし、普通の集まりでもそうだけど、目立ったり光ってる女性に沢山声を掛けてはいけません!逆にちょっと気乗りしなかったり、話しかけたくない人にこそ声を掛けていくとですね、「あの人はいい人だ」という評判がたってくる。

美和 どんな方にも宗男流気配りですね!

美和 では、今回のお悩みへの回答をまとめますと、女性相手の仕事の場合はとくに「平等に接する」「声を掛けにくそうな人から手厚く接していく」という事ですね!

宗男・美和 一件落着! 困った時は「ムネオ先生に訊け!」




※当企画では日刊大衆読者のみなさんの日頃の悩みを大募集しております。
佐野美和さんを通して鈴木宗男氏に相談したいこと、日常のささいな悩みや、
くだらないこと、どんなことでも全然OK! ご応募お待ちしております。

>宛先はコチラ<



佐野 美和(さの みわ)プロフィール
1966年12月16日生まれ
政治キャスター。伝説の番組「オールナイトフジ」にオールナイターズとしてレギュラー出演。92年度ミス日本受賞。1995年28歳で、八王子市議会議員当選。<美人すぎる市議>として脚光を浴びる。
2002年より政治キャスターとして国会議員にインタビュー。
現在はustream「会いに行ける国会議員みわちゃんねる突撃永田町!」で政治キャスターを務める。国会議員へのインタビューは、のべ400人以上。TV、ラジオの広告代理店㈱チェリーブロッサムの経営も手掛ける。

鈴木 宗男(すずき むねお)プロフィール
1948年1月31日生まれ
政治家。北海道出身。拓殖大学政経学部在学中より、故・中川一郎元衆議院議員の秘書を務める。1983年に自由民主党より出馬し、衆議院議員に初当選。防衛政務次官、外務政務次官などを務める。
また1997年には国務大臣として北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官を歴任。2002年に自民党を離党。
2005年には新党大地を結成。代表となり、その年衆議院議員に返り咲く。防衛・外交の論客として鳴らす一方、その人情味溢れ、愛されるキャラクターは、歌手の松山千春をはじめとしてシンパが多数。ムネオの愛称でも知られる。
娘は衆議院議員の鈴木貴子。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.