日刊大衆TOP 須田慎一郎

第9回 新成長戦略により株価全面安!?

2014-06-16

経済ジャーナリスト 須田慎一郎が徹底予想!

今回は、当連載で初めてとなる「警戒情報」を株式マーケットに対して発しておきたいと思う。一言で言ってしまえば、株価下落、しかも全面安とでも言うべき状況が迫りつつあるということなのだ。

その理由を以下で説明していきたい。ここ最近の政治ニュースに関して言えば、集団的自衛権の行使の実現へ向けての憲法解釈の変更に関する動きとアベノミクスの三本目の矢、新成長戦略が、トップ2と言っていいだろう。この点に関しては、誰も異論がないはずだ。

そして、その2つの中で株価に絡んで筆者が注目しているのが、新成長戦略なのだ。より正確に言うならば、新成長戦略に注目する外国人投資家の動向ということだ。筆者の得ている情報では、外資の連中はこの新成長戦略に大いに注目し、それを重要な投資判断材料に位置付けているのだ。

具体的には、新成長戦略に期待が持てそうだと外資が判断したならば、日本株の“買い”に動くし、逆の判断をしたならば“売り”となるということだ。

ところが残念なことに、新成長戦略の中身に関して言えば、まさにスカスカというのが実情だ。確かに大手メディア(新聞、テレビ)は、この新成長戦略に関して、連日にわたって、さも多くの中身が詰まったものであるかのように報じている。

だがどうだろう。医療分野に関して混合診療解禁へ向けて、何か具体的な内容は決まっただろうか。あるいは雇用制度に関して、企業収査に大きくプラスに作用する施策が何か具体的に打ち出されただろうか。法人税減税にしてもそうだ。その実効税率がどこまで引き下げられるか決められただろうか。そう、実は何も決まっちゃいないのだ。

果たして外資は、こうしたことをどのように判断するだろうか。

ここは株価下落局面に備えていた方が、賢明と言えるだろう。


須田慎一郎(すだ しんいちろう) プロフィール
1961年、東京生まれ
経済ジャーナリスト。日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続ける傍ら、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪「たかじん NO マネー」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。 また、平成19年から24年まで、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務める。政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.