日刊大衆TOP コラム

飽和潜水の加圧と減圧

[週刊大衆06月30日号]

地球上で最も謎が多いのは、深海です。
水圧が人間の進入を阻んでいます。

水圧は10メートル潜るごとに1気圧ずつ高くなり、体を圧迫します。
500メートル潜ると51気圧。
1平方センチ当たり50キロの圧力が加わり、人の体など簡単に押しつぶされてしまいます。

ただし、「飽和潜水」という技術を使えば深海潜水も不可能ではありません。
飽和潜水とは、潜る前に特殊なタンクに入って加圧し、水圧に耐えられる体を作って水中へ。

浮上後、再びタンクに入り、今度は減圧して1気圧に慣らす方法。
これなら生身の人間でも、数百メートルは潜れるそうです。

しかし、この方法の欠点は時間。
加圧と減圧、特に減圧にやたらと時間がかかるのです。
たとえば300メートルまで潜る場合、加圧時間は約1日です。
これに対して、減圧に必要とされる日数は?

1.約6日
2.約12日
3.約18日


答えはココを押す! 答え :2

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.