日刊大衆TOP 芸能

「顔もスタイルも特上」の脊山麻理子アナながら「必死でイタイ」と酷評され……

「顔もスタイルも特上」の脊山麻理子アナながら「必死でイタイ」と酷評され……

6月10日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に、我らが脊山麻理子アナ(34)が出演した。
この日は同番組の人気企画「うぬぼれ番付」が放送されており、数多のアイドルに混じって出場した脊山嬢。心なしか、その佇まいは自信なさげ。表情も曇りがちだ。

さて、まず登場するは俳優・仁科克基(31)。彼により10人の女性タレントが順位付けされるのだが、その前に“評価される側”(女性タレント)による順位予想が行われている。ここで脊山アナは「ああいう軽そうな人に好かれるんですよ」と、自身を2位と予想。結果、仁科の中で脊山アナは3位であった。
「顔もスタイルも、ぶっちゃけナンバー1なんですよ。ただ、年齢が……」(仁科)
仁科いわく「30過ぎてると、僕が教える幅がない」らしい。逆に言うと、「脊山さんが25歳だったら1位です」(仁科)。
なるほど、幸先のよいスタートと言えるのではないだろうか。

続いて登場したのは、お笑いタレントの土田晃之(41)。「土田さんは少女時代がすごい好きなんです。『足、すごい好き』って言ってました」との理由で、自身を3位と予想する脊山アナ(美脚)。
果たして、土屋の順位付けによる脊山アナは10位(最下位)であった。ちなみに土田と脊山アナには親交があり、連絡先を教え合った仲でもある。にもかかわらずこの低評価。土田による脊山評は、以下だ。
「(脊山が)LINEで返してきた時、なんか知らねえけどテメエのグラビアの写真も一緒に送ってくる」
「こういう女、イタイなと思って」

この行動の理由について、脊山アナはこう語る。
「必死なんですよ、必死。色んな話題にしてもらったら……。本当、仕事なくて困ってて、『こんなに頑張ってるんだ!』ってところをアピールというか」
そんな脊山アナの悲しき姿勢に「がんばれ~~!」とヤケクソのエールを贈る、同番組レギュラーの有吉弘行。過去、「有吉反省会」(日本テレビ)や「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS)での共演経験もあり、理解者と言えよう。
なるほど、同感かもしれない。はたから見てても、正直、励ますくらいしかできないもの。脊山麻理子、がんばれ~~!

(寺西ジャジューカ)

「顔もスタイルも特上」の脊山麻理子アナながら「必死でイタイ」と酷評され……

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.