日刊大衆TOP 社会

世にも珍しい「緑色の犬」生まれる

世にも珍しい「緑色の犬」生まれる

スペインで世にも珍しい緑色の犬が生まれ、話題になっている。
ブリーダーのアイダ・バラレドさんのもとで生まれた緑色の子犬は2匹。同時に生まれた他の子犬は普通の色をしており、生まれた当初、アイダさんは汚れているのかと思ってキレイに洗おうとしたんだとか。同時に生まれた他の子犬に比べ、体格が小さかったらしく、2匹のうち1匹はすぐに死んでしまったものの、もう1匹は今も生き続けている。ちなみにその犬は緑色の体の「超人ハルク」にちなみ、ハルクと名付けられた。

なぜ突然に緑色の犬が生まれたのか、その理由はまだわかっていない。ただ2012年にもイギリスで緑色のラブラドールが生まれた記録があり、この事例はまったくありえないことでもない。自然界にはこのように突然に変わった色を持つ動物が生まれることがまれにあるのだ。以下、茶色いパンダや顔の真ん中で色の違うキメラ猫など、生命の神秘を動画で味わっていただきたい。



世にも珍しい「緑色の犬」生まれる

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.