日刊大衆TOP 芸能

年上好き芸能人が大行列「抱きたい美熟女優」ベスト10 vol.3

[週刊大衆10月08日号]

由美かおるはデビューした15歳のときから86・58・86のスリーサイズが変わらない"芸能界奇跡の人"。映画『同棲時代』で披露した"見返りヌード"や、『水戸黄門』の入浴シーンは、年下世代の男にとっても憧れだったようで、「チュートリアルの福田充徳はテレビ局で由美に挨拶したときに、一目惚れしてしまったそうです。その後もずっと"由美かおるサン、めっちゃキレイやで"と芸人仲間にいい続けているとか」(片岡氏)

前出・下関氏も、「やはり、由美かおるは別格ですよ。田舎に行くと、彼女が美脚を披露している『アース渦巻』のホーロー看板をいまでも見ることができますが、熟女になってもスタイルが不変という、一種、怪物じみたエロスにソソられます」と彼女を絶賛する。

8位の樋口可南子も脱ぎっぷりのよかった若き日の残像があるせいか、いまでも年下の崇拝者が多い。
「色白のスレンダーボディは、とてもアラ還とは思えない瑞々しさ。熟女好きのキャイ~ンのウド鈴木も、"樋口さんのべリーショートの髪が好き"と公言しています」(芸能記者)

酸いも甘いも噛み分けた美熟女優を、今宵も抱きたい、抱かれたい。

10月06日公開のvol.4に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.