日刊大衆TOP コラム

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第23回

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第23回

もっと画像を見る

45歳、妻子持ち、当サイト編集部員。家族にも仕事にも恵まれたが、ただひとつ、髪の毛にだけは恵まれなかった…。俺の髪は、このままどんどん薄くなってしまうのか? いや、あきらめちゃいけないんだ!! 決心した男の髪の毛を取り戻すための闘いが今始まる―― 。アラフィフど真ん中のサラリーマンSが送る魂の「AGA治療」実践ルポ。ストップ・ザ・AGA!!

順調な経過だとお墨付きを受けても、抜け毛が増えていることが気になる私は、なおもカウンセラーに質問を続けた。

「どうなんでしょう? 髪の毛にとって、あまり良くない食べ物とかはありますか?」
「良くない食べ物というより、逆に『いい』と言われてるものはありますよね。例えば唐辛子などのカプサイシンが含まれる食べ物ですね、血流が良くなりますし」
「辛いものは食べたほうがいいんですか?」
「辛いものは結構いいですよ」

知らなかった…。個人的に、刺激物は頭皮にあまり良くない気がしていたが、それは私の思い込みに過ぎなかったようだ。とはいえ、辛いものはそれほど得意なほうじゃないので、あまり食べる機会もないのだが。

「あと、日頃からブラシで頭皮を叩いたりしたほうがいいんですかね?」
「確かに昔はよく言いましたけど、あまり意味はないと思いますよ。あれは頭皮に刺激を与えて血行をよくするという意味合いなんでしょうけど、それ自体に医学的な根拠があるわけではないですよね」

そ、そうなの? 実はたまに叩いたりしていたのだが、そのことは恥ずかしいから言わないでおくことにした。ちなみに、私が毎回受けている施術は11本の針がついたダーマペンで頭皮に無数の細かい穴を空け、直接、成長因子を毛根に届かせるというもの(第8回参照)なので、ただブラシで叩くのとはまったく理屈が違うらしい。とにかく順調だと言われているのだから、もう質問するのはやめよう。考えすぎて、またハゲたら嫌だし…。

この日の施術を終え、自宅に戻った私は久々にゆっくりと酒を飲んだ。向かいのソファーの上で飼い猫の●●がこちらを見ている。考えてみれば、こいつは少し前まで、就寝前に育毛ローションを塗り、寝床に就いた私の頭頂部をペロペロと舐めにきていた。育毛ローションの味なのか、何が気に入っていたのかはわからないが、最近はすっかりそれもなくなった。なぜかと考えてみれば、頭頂部に毛が生えたから、地肌のローションを舐められなくなったからではないか。ということは、やっぱり私の髪は生えているということだ。やっぱりそうか、フフッ。

今更ながらそんなことに気付くと、なんだか気分がよくなってきた。抱き寄せた●●を愛でながら、酒を飲む。あれ? オマエ、こんなに毛フサフサしてたっけ? 

「ニャー」

そうひと声鳴くと、●●はササッと私の腕を抜け出して逃げてしまった。まさか、育毛ローションを舐め回していた効果で、毛が増えたのか? さすがに、それはないか(笑)。

(次回に続く)

編集者が送る ガチの育毛プロジェクト ブログ

 

ヒルズタワークリニック
URL:http://www.htc-aga.jp/
診断時間10:00~23:00(完全予約制)
専門の男性スタッフが対応24時間365日相談無料
お電話:0120-36-9696

 

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第23回

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.