日刊大衆TOP 芸能

ASKAも通院「セレブ御用達病院」が破産 そこに通っていた有名人たち

ASKA容疑者(56)=本名・宮崎重明=が逮捕されたのは、5月17日。その後、ASKAの主治医としてインタビューを受ける姿が頻繁に見られた、平石貴久氏なる人物をご存知だろうか? ASKAに「アンナカ」を処方していたとして、注目された医師である。

6月6日、「医療法人社団貴生会」が破産手続き開始決定を受けた。同法人は「平石クリニック」(1993年設立)を運営しており、同クリニックで院長を務めていたのが前述の平石貴久氏だ。
この平石氏、実は過去に「ニンニク注射」でも注目を集めていた。清原和博がニンニク注射を打っていたのが、このクリニックだったのだ。
その頃も平石氏は頻繁にテレビ出演を果たしており、本業ではアスリートの診察・健康管理のみならず、アイドルグループやバンドのコンサートドクターも担当。同法人の2005年4月期年売上高は約3億4800万円にものぼったらしい。
しかし今回の破産は、唐突なことではなかった。いわゆる“セレブ層”を対象とする保険外診療に依存していた同クリニックは次第に診療報酬が下降し、2010年ごろには法人としての実質的な活動を停止。2012年には設立認可を取り消され、解散していた。

……が、さすがは「ニンニク注射」の平石医師。評判が評判を呼び、名だたる著名人が同クリニックに通院していた。平石氏が担当していた人物を列挙してみよう。もう、枚挙にいとまがない。
アスリートでは、清原和博、松坂大輔、室伏広治、中田英寿、荒川静香、朝青龍元横綱、日馬富士関、伊達公子。
平石氏ブログには、三浦知良、岩本輝雄、アントニオ猪木、佐々木健介、田中雅美といった錚々たる面子も登場している。
もちろん、その親交は芸能界にも及ぶ。石川さゆり、YOSHIKI、TOSHI、GLAY、河村隆一、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、ローリー寺西、酒井法子、市川猿之助、戸田恵子、コロッケ、小倉久寛、岸谷五郎、伊原剛、池内博之、平山浩行、原口あきまさ、青木隆治……。さらに経済界からは、ロッテ・重光昭夫氏といったVIPまでブログに登場している。

ニンニク注射の効果は私も耳にしているので、平石医師の先行きには注目したい。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.