日刊大衆TOP 芸能

フリー女子アナ高島彩と中野美奈子 濃密人妻フェロモンW台風 vol.2

[週刊大衆10月15日号]

一方の中野も負けてはいない。
「フリーとなってのリスタートということで、フレッシュで新鮮な印象が、完全に蘇りましたよね。まもなく33歳になりますが、まったく年を感じさせず、高島同様、いろんな可能性を秘めていることは間違いないでしょう」(女子アナ評論家・高島恒雄氏)

実際、早くもこんな話が聞こえてくるのである。
「フリー宣言をするやいなや、CM出演のオファーが殺到したそうです。男性人気の高い中野ですから、世のお父サンを元気づける栄養ドリンクなどの関連企業や、カメラが趣味であることも知られているため、大手カメラメーカー各社から熱視線を送られているようです」(前出・広告代理店関係者)

当然、バラエティー番組の現場からも、大きな期待が寄せられている。
「3年間キャスターを務めた『とくダネ!』では落ち着いた仕事ぶりを見せていましたが、もともと"一番エッチだと思う言葉は?"と聞かれて、"ナマ"と答えてしまうような"エロ発言"で人気者になったわけですからね。局アナという縛りから解放され、発言にも自由度が増すので、さらなるぶっちゃけトークで、視聴率に貢献してほしいです」(放送作家)

中野は、あくまでもご主人との生活を中心に、できる範囲で仕事をしていくつもりのようだが、この様子では、そうのんびりもしていられなくなりそうだ。
「"高島と中野のコンビで、ぜひとも司会を"と、すでに年末年始の特番のオファーが、いくつも舞い込んでいるそうです。各局の女子アナや、フリーキャスターたちからは、2人に仕事を根こそぎ持っていかれるんじゃないかと、危機感を強めていますね」(テレビ関係者)

芸能評論家の平林雄一氏は、そんな2人に、こんな期待を寄せる。
「中野から菊川怜に司会が替わって、『とくダネ!』の視聴率が落ちているそうですから、いっそのこと、小倉智昭も降板させて、高島と中野のW司会にしたらいいんですよ(笑)」

甚大な被害をもたらす台風の上陸はまっぴらだが、我々を癒し、オーラで包み込む人妻アナ2人の"Wフェロモン台風"の襲来は、大歓迎なのである。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.