日刊大衆TOP 芸能

たけしが"犬猿"の「紳助番組」出演の訳

[週刊大衆10月15日号]

9月29日に行なわれた『オールスター感謝祭』(TBS系)に"乱入出演"した、ビートたけし(65)。
「感謝祭といえば、"紳助の番組"という印象が強い。前回、前々回もそうでしたが、犬猿の仲だった紳助の番組に出るってことは、たけしさん、毎回、気合いが入っています」(放送作家)

だが、今回の気合いの入り方は、紳助を意識したものではなかったようだ。
「今週末から公開が始まる自身の映画『アウトレイジビヨンド』をPRしたいという気持ちが強くあったでしょうね。たけしさん、今回はテレビや雑誌だけじゃなく、インターネット番組にも宣伝のため出演していますからね」(映画誌記者)

『アウトレイジビヨンド』は、10年に公開された『アウトレイジ』の続編。ヤクザ界の抗争が描かれる映画なのだが、
「この作品に彼はかなり賭けていますよ。"シリーズ化したい!"という思いが強くあるようで、すでに、"3"の構想もあるそうです。"3"では、舞台を世界に移すとか、高倉健さんを出演させるなど、たけしさんの"野望"が囁かれています」(映画配給会社関係者)

"シリーズ化"するために必要なのは、"数字"。
「だから、たけしさんは観客動員のために、なりふり構わず宣伝活動をしているんです」(芸能プロ関係者)

はたして結果は!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.