日刊大衆TOP レジャー

第5湯「昭和の芸能・スポーツテーマパーク銭湯!!」大黒湯@西原・渋谷区

2014-06-30

極楽銭湯百景

ヘビーユーズしている、またまた我が渋谷区の銭湯。知られざるところを紹介するつもりだけど、ココは有名かもしれません。数々の貴重な品々を拝める"昭和ミュージアム"、必見!!

小田急線・東京メトロ千代田線代々木上原駅東口、徒歩5分。僕はいつも代々木八幡方面から自転車で行きますが、ラドン温泉、サウナと書かれたネオンがきらめく大きな煙突を遠くから確認できます。上はマンションのビル型銭湯ですが、年期はかなり入ってて、そのハシリではないでしょうか。確認すべくお兄さんに聞くと、オーナーが最近亡くなってしまい詳しくは判らないけど、建替えは40年以上前で間違いないとのこと、いや、50年は経ってそうですね~。

道路から建物の入り口までは多数のコインランドリー、乾燥機、自動販売機が置かれ、2001年宇宙の旅的なレトロフューチャー雰囲気の屋根あり通路、ここから早くも芸能人・スポーツ選手の写真つきサイン色紙がズラリ並んでいます。判る範囲で、五木ひろし、「島のブルース」三沢あけみ、アグネス・チャン、加山雄三、「よさこい与三さん」三沢あけみ(再び)、「汐鳴」村田英雄、「涙の連絡船」都はるみ、三遊亭小圓右、番組で実際ここに来た毒蝮三太夫、清水アキラ、今もTVで人気の具志堅さん、輪島功一さんの世界タイトルマッチのチケット等々……(「」は当時キャンペーン中の曲名です)。昭和39年などと書いてあって僕の生まれる前のものも多い。長い年月外にさらされているのでシミができ、一部消えたり色あせちゃったりしてる。

自動ドア入り口前には高倉健主演の任侠映画「ごろつき」のポスター、"昭和館専用 盗るな!"の書き込みが(笑)。脱衣所は休息所も兼ねていて、あまり広くはありませんが、ここにも所狭しとサイン、北島三郎、三波春夫、都はるみ、「島の恋唄」岡千秋、「哀愁海峡」扇ひろ子、リリーズまゆみ、二谷英明、青空球児・好児、真木ひでと、ムロツヨシ、パーラー吉松、フーテンの小寅、700号ホーマーの写真は王貞治、キックボクシング東洋ウェルター級チャンピオン高山勝治、地上最強のカラテ世界チャンピオン佐藤勝昭、若乃花・貴乃花、平山郁夫画伯……僕的に一番シビれるのは、あの渋谷の伝説"血の盃"安藤昇のサイン!! さらには相撲の番付、歴代総理大臣やアメリカ大統領の写真、各種記事、大小のいろんな置き物、絵、カレンダー、とにかく飽きません。小さめのソファー、モノが置かれちゃってるテーブル、マッサージチェア2台、長椅子、アナログとデジタルの2つの体重計、牛乳などが入った扉を自分で開けるタイプの自販機。

コレクションは現在進行中で、近年も新しいのがいくつか増えたのを確認してます、平幹二朗に'12年に番組で来た加山雄三とか。女の脱衣所にはまた他のお宝があるのでしょうか?

銭湯


さて浴室へ! あまり広くないし天井も低いけど、活気がある。有線の演歌が流れていて雰囲気をさらに盛り上げます。一時期、いつも石原祐次郎の唄がかかってましたな。奥の壁は日本の家と山に見えるタイル絵、ジャンボ旅客機2機が飛んでる。男女仕切の壁の九谷焼タイル絵は京都の清水寺や金閣寺を描いた見事なものだったけど、昨年シャワー用仕切りが3つ、鏡が4つ取り付けられちゃった。

お湯も水も天然の地下水なのでカルキ等の臭気がなく、目に入っても充血しない。よく温まるし湯上がりの肌の調子もすこぶる良い。主浴槽は座りジェットが3つ。箱に納められたガリウム石が底に沈んでて、ラドンの効果があるらしい。温度は43度で満足な熱さ。入りながら脱衣所のテレビを眺められるのもGood^^

温まったら軟水の広めの水風呂へ。バイブラ付きで心地が良い。スキッと冷めたら、こんどは仕切られた部屋の中、でんき風呂付き熱い浴槽&ミストサウナへ。ここは僕にとっての最高の場所、湯温44~45度、でんきは弱め、耳まで浸かりながら頭上からマイナスイオン豊富なミストを浴び、三重の悦びに恍惚~。いつもこの順番で数回繰り返します。

さらに別料金300円のサウナ&専用"エグゼクティブラウンジ"が素晴らしい!!! サウナ自体は1度しか入ったことがないけど熱めで低湿度のハード&レトロな感じ。専用の水風呂もよし。ラウンジというか待ち合い室風ですな。ここにも宮川大輔、バッドボーイズ他のサイン、ボクシング、相撲、野球のポスター類、たくさんのチケットが収められた額には輪島功一、ファイティング原田、海老原博幸らのタイトルマッチ、ジャイアント馬場などプロレスのものまで! マッサージ機、ぶらさがり健康器、ゆったりとしたリクライニングチェア、沢山の週刊誌、漫画誌、スポーツ新聞、そしてTVが。カオスそのものなんだけど、とっても落ち着ける……自分の部屋もずっとこんなんですからネ^^

25時半(深夜1時半)までやっているので重宝してます~。日曜日は13時からなので、家族で行ってもイイネ。昭和マニアには満足度200%のテーマパーク銭湯!!!


大黒湯
東京都渋谷区西原3-24-5
03-3485-1701
営業時間=16:00~25:30
(日曜は13:00~)
定休日=第1、3水曜

ラジカル鈴木・イラストレーター
独特のタッチで書籍、雑誌、広告などあらゆるメディアにて活躍する。いっぽう、15年以上もほぼ毎日銭湯に通い続け、つかったお風呂は300湯以上。その経験を生かし、独自の楽しみ方や健康的入浴法のレクチャーなどを展開、銭湯愛好家として登場した媒体は、1010、Tarzan、日刊ゲンダイ、またラジオ出演等
ラジカル鈴木オフィシャルサイト=http://www.radicalsuzuki.jp/

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.