日刊大衆TOP 芸能

「仁科仁美が年商150億の社長と交際」他、今週の「芸能」まとめニュース

仁科仁美、年商150億円の社長と交際!
俳優の松方弘樹(71)と女優の仁科亜季子(61)の娘であり、タレントの仁科仁美(29)が、年商150億円を誇る株式会社エー・ピーカンパニーの代表取締役社長・米山久氏(43)と交際していることが19日、わかった。関係者によると2人は半年ほど前に共通の友人を通じて知り合ったという。また22日に放送されたTBS系情報番組『サンデー・ジャポン』にて電話取材に応じた仁科は「いいお付き合いをさせていただいていますという感じです」と語った。

歌手のMay J.がイケメン俳優とお泊り愛!
歌手のMay J.(26)と俳優の尚玄(36)の交際を20日発売の写真週刊誌『フライデー』が報じた。同誌は相合傘で都内を歩くツーショットを掲載。2人は一緒にスポーツジムで汗を流した後、May J.のマンションに入っていったという。現在、May J.は、映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え版主題歌「Let It GO~ありのままで~」が大ヒット中。俳優の尚玄は元モデルで、かつてはタレント山本梓(33)との交際も伝えられていた。

吉田鋼太郎が元宝塚の安蘭けいと熱愛
俳優の吉田鋼太郎(55)と元宝塚歌劇団で星組トップスターの女優、安蘭けい(43)の熱愛を、19日発売の週刊誌『女性セブン』が報じた。2人は都内の飲食店で食事を楽しんだ後、安蘭の自宅マンションに吉田が2連泊したという。吉田は記者の取材に対して「彼女っていうか、パートナーというか、いいお付き合いということで」と語った。また2人の所属事務所はともに「プライベートは本人に任せています」と答えた。

歌舞伎俳優の尾上松也が40歳女性との車中キス
歌舞伎俳優の尾上松也(29)とラジオ局勤務の女性(40)の車中キスを19日発売の『週刊文春』が写真入りで報じた。 同誌によると2人は今月、都内の飲食店で、女性の叔父である松任谷正隆氏と松任谷由実夫妻らと食事を楽しんだ後、タクシーに乗り込み、車中でキスを交わしたという。今回の報道に松也の所属事務所は「その件でコメントはしません」としている。


今週は、歌舞伎の尾上松也、元宝塚女優の安蘭けい、自身でも劇団を持つ吉田鋼太郎と、舞台上で活躍する有名人のスキャンダルが目立った。その中でも吉田鋼太郎と言えば、劇団四季などにも出演した舞台俳優として知られ、最近は人気朝ドラ『花子とアン』だけでなく4月期のドラマ3本に出演するなど業界からは引っ張りだこ、一般知名度も急上昇中である。ワイルドな風貌も兼ね備える吉田のモテ期はまだまだ続きそうだ。 そして年商150億もの彼氏をゲットし、母親の仁科亜季子も大喜びの仁科仁美。世間では金で男を選んでいるのではないかとの批判の声も挙がった。批判といえば、現在、日本でもっとも叩かれている芸能人かもしれない歌手のMay J.。その原因は大ヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go ~ありのままで~」にある。映画での劇中曲は松たかこ、エンディングはMay J.がそれぞれ担当しているのだが、世間ではMay J.よりも松たかこの歌の方が評価が高い。そのためLet It Goで紅白を目指すと発言したMay J.に対し、ネット上では「カバーなのに調子に乗るな」といった大きな反発が巻き起こっているのである。そんな状況だからこそ、ありのままの自分を受け入れてくれる彼氏・尚玄の存在は、彼女の心の支えなのだろう。しかしMay J.はまず、恋人との関係を白黒ハッキリさせてから紅白を目指したほうがよさそうだ。

(文・柴田慕伊)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.