日刊大衆TOP 芸能

第2の黒木メイサにするな!堀北に"SEX禁止極秘指令"

[週刊大衆10月22日号]

「まさに虫一匹も近づけない状態ですよ」

芸能記者がこう語るのは、9月に終了したNHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』の主演女優・堀北真希(24)のことだ。
「同ドラマは、朝ドラでは9年ぶりとなる平均視聴率20%越えを達成し、スペシャル番組の放送も決定。その原動力となったのは、堀北の演技。今作で、彼女の株はますます上がりましたよ」(テレビ誌記者)

まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いの堀北。浮かれ気分だったのかドラマの打ち上げでは、普段と違ったこんな姿も見せている。
「いつもは、顔を出す程度の堀北が、3次会まで出席していました。お酒も好きなようで、サワーを飲んで、顔をほんのり赤らめ、イイ感じで出来上がっていましたよ」(NHK関係者)

ホロ酔いで色気満点の彼女に、男性陣の視線も釘づけだったという。
「ただ、堀北は"電撃デキ婚"した黒木メイサと同じ事務所。黒木の二の舞にならないよう、マネジャーが彼女を徹底ガードしていました。彼女は共演者の松坂桃季と親しげにしていましたが、2人きりにさせないようマネジャーが常に横にいて、男性スタッフも気やすく話しかけられない状態でしたよ」(前同)

お開きの際も、マネジャーがほかの共演者との接触を避け、事務所の車で自宅まで送り届けたという。
「あの"厳重監視態勢"では女友達と遊ぶのさえままならないでしょうから、男遊びはもってのほか。一説には事務所から"SEX禁止令"が出てるなんて話もあります」(事務所関係者)

処女説も根強く囁かれる堀北。彼女が"大人の女"になる日はまだ先か!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.