日刊大衆TOP 社会

笑顔ゼロ!?包丁を背中に刺したままの客マック来店

ケンカの仲裁に入ったため背中を包丁で刺された男性が、そのままの状態で近くのマクドナルドに入り、他の客に助けられる騒ぎがニューヨークであった。男性はすぐに病院へ搬送されて治療を受け、その日のうちに退院をした。

地元のメディアによるとこの男性は53歳のアンドリュー・ハーディさん。ツイッターに投稿された写真を確認すると、背中に包丁が突き刺さったまま、悠然と立っていてかなり驚く。着ているシャツがまた純白なため、くっきりと鮮血が浮かび上がってまるでホラー。心臓の弱い方は、へたに検索をかけないほうがよいだろう。

目撃者によると、ハーディさんは携帯電話で「これが最後の会話になるかもしれない」と、家族と見られる人物と話しながら、店に入ってきたんだとか。スマイルが売りのマクドナルドながら、その光景には店員さんの表情も凍りついたことだろう。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.