日刊大衆TOP コラム

海岸線が一番短い県

[週刊大衆07月14日号]

日本は四方を海に囲まれていますが、都道府県のすべてが海に面しているわけではありません。

栃木、群馬、埼玉、山梨、長野、岐阜、滋賀、奈良。
この8県は内陸にある「海なし県」です。

さて、残り39の海あり都道府県の中で海岸線が一番長いのは、どこでしょうか。

実は、この答えは2つあります。
北海道と長崎県です。

国土交通省によると北海道の海岸線は約4400キロ、長崎県は約4200キロ。
北海道のほうが長くなっていますが、この数字にはロシアが実効支配している北方4島が含まれています。

その分を勘定に入れなければ、長崎が海岸線日本一ということになります。

面積でいえば、長崎は北海道の20分の1しかありません。
しかし入り組んだリアス式海岸で、1000近い島を抱えているため海岸線がやたらと長くなっているのです。

では逆に、海に接している39都道府県の中で、海岸線が最も短いのはどこ?

1.東京都
2.香川県
3.鳥取県

答えはココを押す! 答え :3

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.