日刊大衆TOP 芸能

美しくて気高い!「日本女性のおっぱい遷変55年史」 vol.4

[週刊大衆10月29日号]

おっぱい変遷史昭和篇(1958~88) 

1958 4月1日に売春防止法が施行され、全国の赤線が廃止。日本人のセックスライフは大きな転換点を迎える。その数週間後、週刊大衆が創刊された。
59 メートル法が実施され、女性のバストサイズはセンチ表記になる。
1960 謝国権のハウツーSEX本『性生活の知恵』が100万部のベストセラーに。
61 後に250万部のヒットとなる『How To Sex』を上梓する性医学評論家の奈良林祥が、主婦会館相談室長に就任。結婚と性のカウンセリングを始める。
62 小林悟監督の大蔵映画『肉体の市場』が公開。猥褻容疑で警視庁に摘発されたものの、この作品が日本ピンク映画の第1号となる!
63 前田通子が台湾映画に主演。「国産おっぱいの海外輸出」を果たした!
64 グラビアで若き男性たちを魅了した『平凡パンチ』が創刊(89年に休刊)。また、この年、ブラジャーのトップ企業・ワコールが上場。
65 伝説的深夜番組『11PM』が放送開始。お茶の間に裸を持ち込んだ。
66 前田美波里が資生堂のCMに登場し、グラマーな胸元が男の視線を集める。
67 『007は二度死ぬ』で、若林映子、浜美枝がボンドガールとして水着姿を披露。
68 石井くに子が、寺山修司と羽仁進の共同脚本のATG映画『初恋・地獄篇』に出演。その後の「芸術のためなら脱ぐ」女優たちの先駆けとなった。
69 月亭可朝『嘆きのボイン』80万枚の大ヒット! 『ボインの夜明け』到来。
1970 ハダカ満載の銭湯を舞台にしたテレビドラマ『時間ですよ』スタート。
71 経営不振の大手映画会社・日活が、ロマンポルノの製作を開始する。記念すべき第1弾は『団地妻昼下りの情事』と『色暦大奥秘話』の2本。
72 栗原小巻が『忍ぶ川』で大胆ヌード。世のコマキストを騒然とさせる。
73 巨乳を隠すためサラシを巻いて、アグネス・チャンがデビュー。
74 なぜか女性にも人気の、フランス製ソフトポルノ映画『エマニエル夫人』公開。主演のシルビア・クリステルの軟乳で、日本の男も総立ちに!
75 女子プロレスラーのマッハ文朱が、WWWA世界シングル王者に。「闘うおっぱい」という新しいジャンルを日本の社会に浸透させた。
76 大島渚監督による映画『愛のコリーダ』発表。日本初のハードコア映画だ。
77 日焼けした肌と豊満な胸で男を魅了したアグネス・ラムのブームがピークに。勢いに乗ったこの年、ついに歌手デビューを果たした。
78 キャンディーズや南沙織が引退するなか、この年、タンクトップが流行。以降、「揺れるおっぱい」が街角に溢れるようになった。
79 前年に初ヌードを披露した松坂慶子が、ヒット曲『愛の水中花』でバニーガール姿に。コスプレのエロさを日本の男性に紹介するという大功績。
1980 宮崎美子が『ミノルタ』CM出演。河合奈保子、柏原芳恵がデビュー。
81 美保純が『制服処女のいたみ』で衝撃的ロマンポルノデビュー。
82 松本伊代、中森明菜、早見優ら、微乳細身の"82年デビュー組"が台頭。アイドル界は活況を呈すものの、おっぱい文化は衰退し「おっぱい迫害期」に突入。
83 五月みどり、44歳で日活ロマンポルノに主演、熟女ブームの先駆けとなる。
84 素人の女子大生がエロい話題で盛り上がる深夜番組『オールナイトフジ』が大人気。いまも続くエロ業界の「素人モノ」ジャンルの礎石となる!
85 堀江しのぶがデビュー。四面楚歌の「おっぱいの冬の時代」に、孤軍奮闘す。
86 かたせ梨乃が『極道の妻たち』に出演。以降、同シリーズで美裸身を公開。
87 「おっぱい史・失われた1年」。この年、いちばん活躍した"巨乳チャン"は、史上初の外国人大関となった、ハワイ出身の小錦だった……。
88 おっぱい氷河期が続くなか、巨乳揃いの芸能事務所「イエローキャブ」設立。

おっぱい変遷史平成篇(1989~現在) 

1989 平成元年は「巨乳元年」! かとうれいこがクラリオン・ガールに選出され、武田久美子は"貝殻ヌード"を発表。さらに「巨乳」という言葉が誕生するきっかけとなった松坂季実子がAVデビューした、奇跡の年。
1990 かとうれいこのあとを受けて、さらなるデカチチの細川ふみえがデビュー。
91 宮沢りえの写真集『Santa Fe』発売と、樋口可南子の写真集『Water Fruits』発売で、美人女優がこぞって裸になる『ヘアヌード維新』勃発。
92 後に「ひなポーズ」でグラビア誌を席捲する雛形あきこが14歳でデビュー。
93 川島なお美、石田えりらの活躍で、ヘアヌードブームは頂点に。
94 高岡早紀が、映画『忠臣蔵外伝四谷怪談』で超ド級爆乳を公開。
95 「おっぱいパブ」の前身、六本木のトップレスバーが人気を博す。
96 15歳の巨乳娘・山田まりやがデビューし、第1回ミスヤンマガ、フジビジュアルクィーン(92年開始)の2つに選出されるという快挙を成し遂げる。
97 以降10年間の日本おっぱい界を背負う、小池栄子と優香がデビューを果たす。
98 佐藤江梨子デビュー。フジの「ビジュアルクィーン」に対抗し、「日テレジェニック」スタート。グラビアアイドルが世に出る機会が増えた!
99 MEGUMIデビュー。巨乳美女軍団が業界を席捲する『巨乳黄金期』。
2000 「エロかしこい」の元祖・眞鍋かをりが、横国大在学中に日テレジェニックに。
1 「癒し系」の美乳クチビル美女・井川遥がブレーク。写真集もバカ売れ。
2 井上和香のおっぱいが、「ワカパイ」の名で本人とともにデビュー!
3 一見、ノーブラに見える、バンド不要のブラジャー『ヌーブラ』が大ブーム。
4 つけ乳首で名を馳せたM・シャラポアが、テニスの世界ランキング1位に。
5 Fカップシンガーの倖田來未が、ゴージャスな肉体と大胆な衣装で、大ブレーク。「エロかっこいい」なるキャッチフレーズがつけられた。
6 「グラビア界の黒船」ことリア・ディゾンが日本上陸。翌年は紅白にも出場。
7 ほしのあき、30歳に。「グラビアは若いうちだけ」という、それまでの常識を覆し、業界初の「三十路グラドル」として、さらに活躍することに!
8 磯山さやか、『水戸黄門』のレギュラーになり、由美かおると入浴シーンで共演。
9 深田恭子が映画『ヤッターマン』でボンデージ巨乳コスプレに挑戦。同年公開の綾瀬はるか主演映画は、『おっぱいバレー』がタイトル。
2010 優木まおみ、世間の巨乳ブームに苦言を呈す。俗にいう『微乳の乱』。
11 元アイドルの小向美奈子が、スライム乳を引っ提げて驚愕のAVデビュー!
12 尖閣・竹島問題をよそに、蒼井そらのGカップ巨乳が中国、韓国で大人気!

10月28日公開のvol.5に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.