日刊大衆TOP 社会

1か月4000円で炎上が防げる ツイッター見守りサービスがスタート

コンビニのアイスケースに入り込んだり、遊園地のアトラクションから飛び降りようとしている写真を公開するなど、騒ぎが絶えない学生のツイッター炎上投稿。そんなツイッタで炎上が起こる前に、発信された問題ツイートを見つける見守りサービスが、6月24日からスタートした。

サービスを提供しているのはさまざまなウェブサービスを提供している株式会社ガイアックス(http://www.gaiax.co.jp/jp/)。見守りサービスの「セーフティプログラムfor twitter」は、依頼をしてきた学校の学生のアカウントをリストアップし、彼らのツイートを監視するというもの。365日監視を続け、不適切なツイートがあれば学校側に報告をして、炎上を未然に防ぐというものだ。ちなみに対象はツイート内容を公開しているアカウントのみであり、非公開設定にしている場合は外される。

ガイアックスによるとツイッターの場合、問題投稿を見つけ運営側に削除要請をしてもすぐに動いてくれることが少ないうえ、拡散するスピードが他のSNSに比べて早いため炎上することが多いのだとか。またネットではさまざまな炎上が起きているが、その半分近くがツイッターで起きているという。

見守りは人力とプログラムを併用して24時間行なわれ、1か月の料金は1アカウントにつき4000円。例えば学生100人を見守ってもらうとして”最大で”1ヶ月で40万円、1年間で480万円かかることになる。少々高いようにも思われるが、それでも炎上を放置することで多大な損害を受けることを考えれば、学校側には必要な出費なのかもしれない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.