日刊大衆TOP TENGA茶屋

日刊大衆×FM OSAKA ケンドーコバヤシ「TENGA茶屋」「アインシュタイン稲田氏、告白した女性に南半球まで逃げられる」の巻

2014-07-10

TENGA茶屋

先週、人気AV女優・紗倉まなちゃんがサプライズゲストで登場し、さらに誕生日まで祝ってもらったという幸せすぎる時間を過ごしたケンコバ氏。
今週もその余韻がまだ残ったままでの番組スタートとなりました。
あの紗倉まなちゃんに好意をもたれたとあって、かなり上機嫌なご様子。
番組冒頭からアインシュタインのお二人とそのときの話で華が咲きます。
その勢いたるもの最高潮で、あげくの果てにFM OSAKAの別の番組でDJを務める美人女性が「実は自分のことを好きなんじゃないか」とのたまう始末です。
事実なのか、勘違いなのか、その理由は以下の通り。

番組終了後、誕生日を祝ってくれた紗倉まなちゃんと記念にツーショット写真を撮影。
そのときのデレデレしたケンコバ氏の様子を件の美人DJが通りすがりに偶然、発見。


完全にデレデレモードのケンコバ氏



で、まなちゃんが帰った後、その美人DJ嬢がケンコバ氏に一言。

「浮気してたでしょ」

そのときの美人DJの表情と言葉使いがなんとも意味深だったようで、ケンコバ氏ったら「ぜったいに彼女は自分に惚れてる」と言い張って譲らないのです。
実は、私も遠目からその美人DJを拝んだことがあるのですが、確かにスタイル抜群で目を見張るような美人。ケンコバ氏が興奮するのも無理はありません。

さらに興奮がマックスに達したケンコバ氏、ラジオという公共電波でついにこんな恐ろしい発言も。

「(あんな言葉かけといて)オレがさせてくれって言って、させてくれなかったら裁判で勝てるよ」

先輩芸人のトンでも発言に苦笑するアインシュタインのお二人。
しかしながら、河井氏もそのときの様子を見ていたようで、「確かにあれは勘違いしてもしゃーないですね」とフォロー。
第三者から見てもそう思えるということは、ただ事ではありません。「ひょっとしたらひょっとすること」があるかも知れません。
ついにケンコバ氏にも「春到来」か!?
もしかして、週刊誌系日刊サイトの編集長として、私、とんでもないスクープ現場に居合わせています?
もっと詳しく話を聞きたい私は完全に耳がダンボ状態。
と、こともあろうか、いままで無言で二人のやりとりを聞いていた稲田氏が、トンチンカンな発言を!

「勘違いといえば、僕が夜の公園でマラソンしてるのと同じですね」


アインシュタイン・稲田直樹氏(左)



なんのこっちゃ!?

せっかくスクープが取れるかもしれないとわくわくしていた私もこれにはズッコケ。椅子から滑り落ちそうになりました。

このわけのわからん稲田発言を残りの二人がスルーして美人DJ談義の話を再開するかと思いきや、なぜかケンコバ氏と河井氏がしっかりフォロー。
話は「稲田氏が女の子に勘違いさせられた体験談」へ向かっていくのです。
しかし、この話が期待を裏切り(?)かなり面白い。

稲田氏の体験談は以下の通り。

稲田氏がコンパに参加したときのこと。
会は次第に盛り上がり、指差しゲームをやることに。
ちなみに「指差しゲーム」とは男女が自分の気に入った相手に一斉に指を差し合いカップリングを決める合コンでは非常にポピュラーなゲームです。
実はこのとき、稲田氏には内心、気に入った女の子がいたわけです。
で、このゲームでなんと、そのお気に入りの女の子が稲田氏を指差すという奇跡が発生。
最初は酒の席での冗談かと思っていた稲田氏でしたが、その子がバレンタインのときに自宅近くまでケーキを作って持ってきてくれたことで「彼女が自分に好意がある」と確信。

「これで僕がアプローチしなければ男が廃る」

こう思った稲田氏は、それ以来、死にものぐるいでアプローチを開始したそうです。

ところが、ある日を境にパッタリとその子との連絡が取れなくなってしまう。

「なんでやろ」

かなり気に病んでいた稲田氏だったが、偶然、町でその子の友達に遭遇。
さっそく、意中の彼女に何があったのかを聞いたところ、

「(稲田氏の)アプローチが凄すぎて怖くなってオーストラリアに逃げてる」

という衝撃の事実を聞かされることに…。

稲田氏のあまりにも哀れな告白に本来、慰めなければならないはずの相方・河井氏が追い打ちをかける。

「お前、南半球まで逃げられたんや」

惚れた女に赤道を超えて逃げられたという事実を改めて突きつけられた稲田氏は意気消沈。
そこにケンコバ氏が優しく問いかける。

「お前の対応も悪かったんちゃう? なんてメールしたんや?」

これに対して稲田氏

「普通ですよ…デートしよって」

これを聞いて、慰めようとしていたケンコバ氏も豹変。

「それ、引くわ。デートしよって女の子からしたらイヤな言葉や。エズクわ」

ケンコバ氏いわく「デートしよ」は女の子からしたら、あまりにも重たい言葉ということのようです。
稲田氏同様、常々キャバ嬢に「デートしよ」などとお誘いをかけている私も人ごとではありません。
確かに「デートしよ」って女の子からすると「重たい言葉」ですね。
これから気をつけます。

その後、いつものように軽快な下ネタトークで収録現場が爆笑に包まれる中、ゲストとしてお笑いタレント・チーモンチョーチュウの白井鉄也氏と菊池浩輔氏が登場。


チーモンチョーチュウがスペシャルゲストとして登場



東京吉本所属のチーモンチョーチュウは現在、漫才ツアーの真っ只中。
今回、ツアーの宣伝も兼ねて番組にやってきた二人に対し、

「この番組に宣伝効果なんかあるかい! 変質者しか聞いてへんわ」

と、FM OSAKAのお偉いさんや、クライアントであるTENGA関係者の見守る前でとんでもない失言。

この絡みづらいケンコバ氏の失言に苦笑いしながらも、お笑いタレントが二人加わりトークはさらにパワーアップ。
収録現場の爆笑も最高潮に達しました。

ちなみにチーモンチョーチュウのお二人、7月21日19時から「なんばグランド花月」で行われるというから「我こそは変質者」という人はいかがでしょう?

いつもながらこんな凄いラジオ番組、他にはありません。ぜひFM OSAKAで土曜深夜1:30からお楽しみください。
radikoでもOK。聴き逃した方は番組HPからpodcastでも楽しめますぞ。


「TENGA茶屋」
85.1 FM OSAKA 毎週土曜 25:30~26:30

公式サイトhttp://blog.fmosaka.net/tenga/
Twitterアカウント @tengachaya851
番組ハッシュタグ #tenga851

Podcastのダウンロードはこちら
http://blog.fmosaka.net/tenga/podcast/

itunesの登録はこちら
https://itunes.apple.com/jp/podcast/tenga-presents-midnight-world/id517668875?mt=2

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.