日刊大衆TOP 芸能

人気女子アナ「秋のビックリ下半身ニュース」一挙出し vol.1

[週刊大衆11月05日号]

「いま、局アナとフリーアナを引っくるめて、男に一番モテている女子アナは間違いなく彼女でしょう」(女子アナウオッチャー)

彼女とは、NHK『サタデー&サンデースポーツ』でおなじみのキャスター・山岸舞彩(25)のことだ。

ヒザ上20センチはあろうかというミニスカと美脚がトレードマークの彼女だが、今年の夏はNHKのロンドン五輪現地キャスターに抜擢されたこともあって、知名度はさらにアップ。
「だからでしょうね。これまでスキャンダル処女だった彼女の"恋の噂"が、夏以降、次々に報じられるようになりました」(芸能ジャーナリスト)

一部週刊誌が、今年8月に楽天イーグルスの球団社長に就任したT氏を「彼女の元カレ」と報じたのに続いて、別の週刊誌は複数のJリーグの人気選手と彼女の交際説を記事にする、といった具合なのだ。
「T氏は慶応ラグビー部の出身で、米投資銀行のゴールドマンサックスを経て、メリルリンチ日本証券の執行役員になった。西麻布界隈では"独身貴族"として知られるセレブです。一方の山岸は、以前から"仕事のできる人が好き""権力のある人が好き"と公言。そういう意味では、やけに辻褄は合ってるんですよ」(夕刊
紙記者)

また、彼女は以前、NHKのBSで『Jリーグタイム』を担当していたこともあり、Jリーガーとも取材を通じて面識がある。
「実際、何度かJリーガーと合コンをしたことがあるみたいです。浦和レッズの柏木陽介や、FC東京の渡邊千真とデートしたという噂もありましたね。もっとも、2人とも、深い仲になる前にフラれたらしい(笑)。取材熱心な彼女は、ほかのJリーガーとも親しげに話すことが多く、それだけで"怪しい"と思われてしまうんです」(サッカー専門誌記者)

だが、女子アナ評論家の高島恒雄氏は、「彼女はクレバーですから、フリーの立場でNHKの仕事をしている以上、スキャンダルが命取りになることは百も承知してますよ。本当に惚れていれば別ですが、フラフラとスポーツ選手によろめくような愚かなマネはしないはず」と、彼女の"身持ちの堅さ"に太鼓判。山岸ファンは心配ご無用、ってか!?

一方、今年いっぱいでTBSを退社すると発表したのが青木裕子アナ(29)。本人は寿退社を否定しているが、熱愛発覚から2年になるナイナイ・矢部浩之との結婚が本決まりになったことは間違いない。
「彼女の30歳の誕生日となる、来年1月7日の入籍を予想する向きも多いようです」(芸能記者)

ゆうこりんといえば、「1年に300回はエッチしてます」と発言したことで知られる豪の者。四十男になった矢部の体力と精力を危惧する声も聞こえてくるが、芸能ライターの織田祐二氏は、「青木アナは"彼には何をされても平気""ウンコしているところを見ろといわれれば見ます"と公言しているドM変態気質ですからね(笑)。矢部が変態プレイで、精力の衰えをカバーする可能性は高そうです」と夫婦生活を占う。

また、前出の高島氏は、「ああ見えて、料理が得意で、しっかり者の青木アナは良妻賢母タイプ。芸能界にも未練はないようなので、スパッと家庭に入ってしまうような気がします」

今年の女子アナ界はちょっとした結婚ラッシュだ。

フジのエースだった平井理央・元アナ(29)は同僚のMディレクターと結婚し、9月末で寿退社。
「M氏は、彼女が入社2年目の06年に"軽井沢1泊ドライブ旅行"が写真誌に激写されたときの相手。2人は一途に愛を育んだことになります」(前出・女子アナウオッチャー)

このほか、テレ朝の市川寛子アナ(32)は同僚の社員と結婚。昨年夏から体調不良で休養していた日テレの丸岡いずみキャスター(41)は、映画コメンテーターの有村昆氏と入籍。
土・日のNHK『ニュース7』を担当する小郷知子アナ(34)は、映画会社社員と結婚。同じNHKの小野文恵アナ(44)は同僚プロデューサーと再婚した。

11月01日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.