日刊大衆TOP 社会

「バス運転手がハレンチわき見運転!?」他、今週の「わいせつ事件」まとめニュース

バス運転手「破廉恥な脇見運転」で御用
三重県警伊勢署は28日までに、三交伊勢志摩交通の元運転手の男性(42)を、県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検した。男は3月下旬の運転業務中、伊勢市内のバス停で運転席から手を伸ばし、携帯電話のカメラで降車中の女子高生のスカート内を盗撮した疑いがもたれている。女子高校生が4月上旬、伊勢署に相談し発覚した。男は容疑を認めている。

娘のわいせつ画像「父が通報し事件発覚」
北海道警釧路署は、プリントシール機で女子高生のオッパイを露出させ印刷したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、北海道帯広市の会社員(31)を逮捕した。2人は5月初旬に出会い系サイトを通じて知り合い、生徒の自宅でシールを見つけた父親が同署に届け、事件が発覚した。生徒は当時、制服姿だった。

高校2年生の少年とホテルで何を?
兵庫県警西宮署は2日、県青少年愛護条例違反の疑いで滋賀県の会社員の男(29)を逮捕した。容疑は4月6日、ツイッターで知り合った高校2年の男子生徒(17)と、西宮市のホテルでわいせつな行為をした疑い。男は「ホテルに行ったが、何もしていない」と容疑を否認している。

盗撮カメラがいっぱいのトイレ
岐阜県警は2日、盗撮目的に女子トイレに侵入した岐阜県恵那市の団体職員(47)を逮捕した。男は先月25日午前1時ごろ、森林組合の女子トイレに侵入、ビデオカメラ3台を設置した疑いがもたれている。カメラは、トイレの物置の化粧ポーチと天井裏、さらにゴミ入れの中に巧妙に設置され録画されていた。男は2日に出頭し、容疑を全面的に認めているという。

悪の温床「盗撮」業者が逮捕
盗撮用の超小型カメラを甲の部分に取り付けた靴を販売したとして、京都府警は1日、神奈川県大和市の通信販売会社社長(25)らを盗撮ほう助の疑いで逮捕した。押収された靴はスニーカーや革靴タイプがあり、1足2万5000円程度。2012年8月から今年4月までの間、約2500足が販売され、少なくとも7都道府県で盗撮事件に使われていたことが確認されたという。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.