日刊大衆TOP 岩井志麻子

【ある路地裏の女達】 4/4話

2014-08-05

恐怖とエロスの貴婦人 岩井志麻子の 路地裏ホラー

アダルト雑誌の編集者である文月くんは、夏風邪もひいて頭はボーっとしっぱなしだった。他にもいろいろ嫌なことが続き、すべての人間関係に疲れ、といってどれも断ち切ることはできず、誰も自分を知らない遠くに行きたいと本気で思っていた。

そんなある休日、またあの路地裏に来てしまった。ぼんやり歩いていたら、いつの間にか隣に陰気な女がいた。まるで文月くんの連れであるかのように、寄り添っていた。
気になっていたヌードモデルのジュラちゃんではなく、一度ホテルに行った立ちんぼ女だった。浅黒い肌に、ばさばさの髪。なんとなく腹がふくらんでいる気もする。袖口から、煙草の火を押しつけた痕が見えた。そんな女が彼を見上げ、こういった。
「私を探してたでしょう。このまま、私と一緒に行きましょう」

その笑顔が愛想でも好意でもなく、底知れぬ悪意と邪気に満ち満ちていたそうだ。文月くんは、ちょっと急ぎますから。そういい捨て、立ち去った。

それから一週間ほど経った熱帯夜。文月くんが繁華街の裏道を歩いていたら、不意に電柱の陰にいた女に呼び止められた。あの女だった。例の、邪悪な笑みを浮かべていた。彼は何もいわず、また急いで逃げた。それ以来、妙な女には会ってない。

文月くんの最悪な人間関係や仕事は、やや改善された。ジュラちゃんに会いたい気持ちも、あの立ちんぼとやりたい気持ちも、失せていた。二人とも官能的な体つきではあったが、肌も女性器の中も荒れていた。

「なるべく、思いつめないようにしている。またあの女が現れたら、今度こそついて行ってしまいそうだ。見知らぬ町で、あの女と一緒に生きるのも嫌だし。腹の子を、あなたの子よ、なんていわれて育てさせられるのも怖いしな」


岩井志麻子(いわい しまこ) プロフィール
1964年12月5日生まれ
A型
高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。少女小説家を経て、1999年『ぼっけえ、きょうてえ』が選考委員の絶賛を受けて、日本ホラー小説大賞 を受賞。 半生を赤裸々に語るトークや「エロくて変なオバチャン」を自称する強烈なキャラクターが注目を集める。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.