日刊大衆TOP コラム

蚊の羽ばたく回数

[週刊大衆-7月21日号]

夏場に出てくるオジャマ虫といえば蚊。

布団に入ってゆっくり休もうとしたとき、耳元で羽音が聞こえたりしたら、気持ちよく寝ることができなくなってしまいます。

漢字の蚊は、ブーンと飛ぶ虫ということで作られた文字だそうです。蚊には人や動物の血を狙う吸血虫のイメージがありますが、蚊の主食は血液ではありません。

普段は花の蜜や樹液などをすすっています。吸血するのは、産卵のためにタンパク質が必要になったメスだけです。

刺されてかゆくなるのは、蚊が血を凝固させないために出す唾液が原因。気の済むまで血を吸ったら最後に唾液も吸い戻すので、途中で叩き潰すより、好きなだけ吸わせたほうがかゆみは少ないといわれています。

蚊は一度に自分の体重と同じぐらいの血を吸います。もともと飛行能力が低いうえに体重が2倍になるわけですから、吸血後の動きは緩慢。簡単に仕留められます。

蚊の生態でちょっと驚くのは、飛ぶときの羽ばたきの数。想像以上に多いのです。
蚊は1秒間に、ざっと何回以上の羽ばたきをしている?

1.100回
2.200回
3.500回

答えはココを押す! 答え :3

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.