日刊大衆TOP コラム

ゴリラの握力

[週刊大衆9月21日号]

ネッシーや雪男のような実在するのかしないのかわからない動物を、「UMA」と呼びますが、ほんの100年ほど前まで、ゴリラもUMAの一種とされていました。

ゴリラがヨーロッパに紹介されたのは19世紀半ばです。といっても当初は「アフリカ奥地に巨大で凶暴な猿人がいるらしい」というウワサ程度で、信じる人は少数派。

20世紀初めに実物が捕獲されたときは、世界が騒然となっています。

恐ろしげな外見から、ゴリラは長い間獰猛な動物と思われていました。しかし実際は、きわめて温厚。自分から攻撃を仕掛けるようなことは、ほとんどありません。

人が近づいたりすると牙をむき出し、吠えながら胸を叩く「ドラミング」をすることがありますが、これは攻撃ではなく、あくまでも威嚇(いかく)。

とはいえ、ゴリラは決して弱い動物ではありません。

その体には、人間とは比べものにならない強烈なパワーが秘められています。
たとえば握力です。人間の成人男子の平均は45キロ前後。

これに対してゴリラの平均握力は、どれくらいといわれている?

1.300キロ
2.500キロ
3.700キロ

答えはココを押す! 答え :2

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.