日刊大衆TOP 芸能

米倉の舞台を紀香が偵察か!? 2大セクシー美熟女の明と暗

[週刊大衆11月05日号]

「いまや明暗がくっきりと分かれましたね」

芸能記者がこう話すのは、2大大物独身女優の藤原紀香(41)と、米倉涼子(37)のこと。
「2人はファッション誌『Can Cam』のモデル出身で、ドラマ以外に舞台にも精力的ということもあり、お互いをライバル視しているんです」(前同)

そんな2人の関係を表わす、こんなエピソードも聞こえてくる。

米倉が主演の『CHIACAGO』には、事務所の後輩・武井咲、剛力彩芽はもちろん、嵐の桜井翔、政界からも森喜朗、古賀誠らが観劇に来ていたという。
「そんななか、紀香も密かに来ていたんです。ただ、控室への挨拶は一切なし。ライバルの演技を偵察しにきたということなんでしょう」(芸能事務所関係者)

スタッフがニアミスしないよう常に気を遣うという2人。実は、過去にはドラマで共演しており、藤原が主役級を務め、米倉が脇役だったのだが……。
「最近は完全に逆転状態。米倉は、先月のミュージカル『CHICAGO』が各マスコミに大々的に取り上げられ、大盛況。男性関係でも、舞台の振付師や、イケメン一般人男性との手繋ぎデートが報じられるなど、華やかな話題が多い」(女性誌記者)

一方の藤原は昨夏、ヒルズ族の証券アナリストと熱愛が発覚していたが……。
「結婚間近ともいわれていましたが、5月に破局。仕事でも3月に、ミュージカル『キャバレー』で濡れ場を披露したが、同時期に米倉のブロードウェイデビューが発表され、完全に食われてしまった」(前同)

濡れ場でダメなら、ヌードを披露して一発逆転か!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.