日刊大衆TOP 芸能

高岡、杉本に続いて『花と蛇』美元が浮上

[週刊大衆11月12日号]

いよいよ11月9日に、揉めに揉めた、高島政伸との離婚裁判の判決が出るモデルの美元(33)に、あの話題作への出演情報が飛び出している。
「『花と蛇』シリーズの次回作に美元さんが出るらしいんですよ。本人もヤル気満々だそうで、"全部脱ぎますよ"と話しているそうなんです」(芸能プロ関係者)

『花と蛇』といえば、官能小説界の巨匠・団鬼六氏の代表作で、これまで何度も映画化されてきた作品だ。
「古くは谷ナオミから近年では杉本彩、小向美奈子が緊縛シーンを熱演しています。最近では、次回作の出演候補として高岡早紀に5000万円のオファーがあったという情報も出たんですが、どうやら流れたようですね」(映画誌ライター)

その後、杉本彩の再登板話も浮上するなど、情報が錯綜しているのが現状だ。制作会社プロデューサーは、こう話す。
「美元、あると思いますよ。彼女はすでに07年に、映画でヌードを披露しているんです。スレンダーボディに推定Dカップのお椀形のおっぱいは、かなりエロかった。期待できますよ」

夫から暴力を受けたと証言している美元。『花と蛇』で緊縛シーンを演じるとなると、再び物議を醸すことになるが……はたして!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.