日刊大衆TOP 芸能

魔性のEカップ加藤綾子アナに「一発お願い」大行列 vol.2

[週刊大衆11月19日号]

あまりに犯罪的な可愛らしいその妙技の数々に、レギュラー出演者のマツコ・デラックスが、たまらず「アイツ、ヤリ慣れてるぞ!」と絶叫した、このカトパンの"モテ仕草"。女子アナ評論家の桜上水賢氏も、「あれは、胸キュンでした」と感服するばかり。
「"ブリッ子"ともいえる所作の数々ですが、"ソーセージリポート"でお馴染みのTBS・田中みな実アナのようにあざとくなく、自然に可愛らしく見えてしまうのがスゴいんです」

驚くべきは、このカトパンの"モテ仕草"の実演の様子が、海を越えた台湾の人気サイト"宅宅新聞"などで"巨乳女主播(女子アナ)"と紹介され、絶賛の嵐となったのだ。
「なかには、"加藤アナを危険な人物に分類しないわけにはいきません"と、カトパンの男を狂わす"魔性"を訴えた人もいたようです」(フリーライター)

この『ホンマでっか!?TV』のメイン司会・明石家さんまもカトパンにメロメロで、「他番組よりも明らかにハイテンション」(テレビ誌記者)というのは周知の事実。最近は別の大物も、すっかり彼女の魅力に取り憑かれているという。
「志村けんさんです。加藤アナはこれまでにも、『志村けんのバカ殿様』に出演したことはありましたが、10月6日放送回では志村とサシでのコントに抜擢されていて、驚きました。番組には腰元役で何人ものアイドルが出演していますが、志村さんとサシのコントに出られるのはホントのお気に入りの数名のみ。完全な特別扱いです」(制作会社ディレクター)

カトパンが可愛らしい"ランプの精"に扮し、"バカ殿"志村とドタバタ劇を繰り広げた、このコント。
「コント内でカトパンと結婚式を挙げる志村さんは、本気モードにしか見えなかった(笑)。あの様子だと、今後、定番コントとして毎回、番組に組み込まれる可能性も高いです」(前同)

そんなカトパンが最近、"見せたがり"になってきているというから、さらに男を狂わせてしまいそう。
「『FRIDAY』(11月9日号)がとらえた1枚の写真が、大きな話題を呼んでいるんです」(芸能記者)

そこには、イベント時のパンチラショットが掲載されているのだが、この写真が衝撃的すぎたのだ。
「ベージュのストッキングの奥に、黒いものが透けていました。黒いパンティだったのか、それともノーパンでヘアが透けていたのか。ネットの反応では、3対7でノーパン支持派が勝っていますね」(前同)

また、10月3日に放送された『ホンマでっか!?TV4時間半スペシャル』でも、こんなシーンがあり、視聴者を悩殺している。

さんまをはじめ、番組パネラーの学者たちと、草津温泉を散策する特別企画の中でのことである。
「浴衣姿で、草津温泉の"湯もみ"を体験したんですが、板を左右に揺らすたび、大きなバストも左右にプルンプルン。しかも、ソフトクリームをペロペロしながら、温泉街を歩くんですから、なんともエロティックでした」(前出・テレビ誌記者)

そこでの極めつけは、皆で射的遊びに興じたときのこと。
「脳科学者の澤口俊之氏が、"射的の的中率を上げるため、脳内のドーパミンの働きを高めよう"と、カトパンに"羽織をはだけて見せて"とお願いしたんです。彼女は照れながらも羽織の前を開き、浴衣を大きく盛り上げる胸の膨らみを見せる出血大サービスで、応じてくれました」(前同)

いるだけで番組が"悩殺ショー"と化してしまう、いまのカトパン。"一発お願い!"の大行列は、しばらく途切れないだろう。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.