日刊大衆TOP 芸能

肉食芸能美女たちの「男狩り必殺技」大百科 vol.2

[週刊大衆11月19日号]

最近の石原さとみの"共演者食い"もアッパレだ。7月には舞台『ロミオとジュリエット』で共演した佐藤健と、打ち上げの席でチュッチュッとキスしまくりだったとか。

9月には、ドラマ『リッチマン、プアウーマン』の打ち上げに、両肩を露出したセクシードレスで出席し、共演の小栗旬を悩殺。明け方までずっと"いいムード"で、新婚の山田優をヤキモキさせたという。
「最近の石原さとみは胸も大きくなってきたし、プルプルの唇も健在。自分から手をつなぐなど、共演男優に積極的にスキンシップを図るので、カン違いしてしまう男が続出しているようです」(テレビ誌記者)

美熟女優も負けてはいない。40歳のときに20歳の亀梨和也と交際し、"ダブルスコア恋愛"と騒がれた小泉今日子(46)は、いまもバリバリの"現役"だ。
「もっとも、最近のキョンキョンは男より酒のようで、小泉会を率いて陽気に飲むことが多いですね。彼女の場合、飲めば朝までが普通で、飯島直子、米倉涼子、長澤まさみ、榮倉奈々、水川あさみら小泉会のメンバーは例外なく酒が強いんです」(前出・芸能ジャーナリスト)

いまの彼女は"なんてったって飲んドル"!?

だが、デビュー30周年を迎えた今年はライブにも意欲的で、9月に行なわれた野外コンサートでは、観客を完熟フェロモンで圧倒する一幕もあった。その小泉会のメンバーでもあるYOU(48)も、年下男狩りが、やめられない、止まらない。
「普通、2度も離婚を経験すると"男はもういい"となりがちですが、彼女はいまでも恋愛体質です。9月には、17歳年下のイケメン歯科医との"お泊まりデート"が発覚したばかり。好きな男の前では"恋する乙女"になってしまうそうです」(女性誌記者)

作家の岩井志麻子氏は、美熟女優のエロさこそ本物だと力説する。
「女が本当にエロくなるのは中年以降なんですよ。閉店セールならぬ"閉経セール"で(笑)、エロスが一気に燃え盛るわけです。なかには年下の男ばかり食ってる女もいますが、これは相手の男も年上好き、熟女好きなんでね。黙っていても、お互いに引き合うものがあるんです」

さらに続けて、「私にも18歳年下の夫がいますが、彼はもともと大の熟女好き(笑)。ロリコンオヤジは、そもそもオバハンに寄ってこないしね。世の中、うまくできてますよ」

11月18日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.