日刊大衆TOP 社会

民主党蓮舫も参戦した「日本初女性首相」バトルの行方

[週刊大衆07月28日号]

自民党の鈴木章浩氏(会派離脱)他、都議会議員による"セクハラやじ"は、永田町にも波紋を広げた。

野田聖子自民党総務会長は、記者会見でこう憤ったのだ。
「とても不愉快だ。女性の活躍は安倍首相の成長戦略の一丁目一番地」まったくの正論だが、政界では、この発言を鵜呑みにできずにいる。

全国紙政治部デスクが言う。
「9月に予定される内閣改造へのプレッシャーですよ。野田さんの言葉は、"自分を入閣させろ"というパフォーマンスの側面が非常に強いと見えます」

永田町は野心家だらけで、
「野田さんも本気で総理を狙ってる」(記者筋)。

だが、党主流派の評価は低く、
「"私は政府の小姑になる"と言い、雑誌『世界』に首相批判の論文を掲載するなど、政権叩きが鼻につく。一時は入閣リストに入っていたが、今はない」(安倍首相の側近議員)

とはいいながら、
「野田さんは肝が座っているし、政策の勉強もできている」(前出・デスク)
との評価も。

"果報は寝て待て"が吉か!?

続いて、首相狙いと言えばこの人。
小池百合子議員。
「一時は"日本のサッチャーになる"と言われ、環境相など重要ポストを歴任したが、今は窓際族。最近、エコハウスに改修した自宅に議員を呼んでホームパーティを催したが、"派閥作り"と見られ、人があまり寄りつきません」(前同)

一方、「将来の首相候補」と今持て囃(はや)されている小渕優子・元少子化担当大臣は、子育てが一段落。

まずは閣僚に復帰かと見られるが、
「ダメ!野田聖子議員と飲み友達で、相当に洗脳されている」(党幹部)

ならば私がと手を挙げるのは民主党・蓮舫参院議員。
やじ問題では、
「野次の根底にある意識を変えていくにはどうするか」
と発言し、議員会館で反対集会を開催。

海江田万里代表に「辞めたら?」と進言し、今また耳目を集めているが、民主党ベテラン議員は一笑に付す。

「海江田さんを降ろすと言っても、次を誰にするかは言わない。要するに、大衆受けすることには動くが、戦略がないんです」

女性首相誕生はまだ遠い。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.