日刊大衆TOP 芸能

ついに長澤まさみが全裸に!? 「ヌード包囲網」の衝撃全容

[週刊大衆11月26日号]

綾瀬はるかと双璧をなす人気美女優が、ついにその"裸体"を披露する!?
「長澤まさみ(25)ですよ。彼女が先日発売された雑誌のインタビューで"10代の頃はヌードをやってもいいと思っていたけど、いまはそう思わない"と語ったんです。これに対して、映画業界が騒ぎ出したんですよ」(映画配給会社関係者)

"いまは脱ぎたいとは思わない"というのは、どちらかというとマイナスの話。なぜ、これに対して過剰な反応をしたのだろうか。
「大事なのは"かつては脱ぐ気があった"ということ。つまり、いつまた、その気になってもおかしくないわけです。"作品の内容次第では脱ぐ"可能性があるとわかっただけでも、大収穫なんですよ」(前同)

確かに、"けしからんおっぱい"といわれる推定Eカップの美巨乳と、スラリと伸びた美脚を見られるなら、このうえない喜びだ。しかも、それに向けて、すでに包囲網が出来上がりつつあるというのだ。
「そのキモとなるのが監督。長澤がキャバ嬢を演じることで話題になった来年3月公開の映画は、お笑い芸人の内村光良が監督。彼女は"内村さんだから出演を決めた"と明言するほど、監督にこだわります。かつて"おっぱい鷲掴みシーン"を見せた『モテキ』の大根仁監督や、出世作となった『世界の中心で愛を叫ぶ』の行定勲監督などを起用して、長澤を口説いてもらい、彼女が"脱ぎやすい"環境を作る作戦まで話し合われているとか」(同)

もはや映画界を挙げての大プロジェクト。それだけ長澤まさみのヌードは価値があるということなのだ。

本誌は、この大計画を全力で応援します!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.