日刊大衆TOP 社会

無銭飲食も命がけ?ウエイトレスが実弾銃でお出迎えのレストラン

銃社会・アメリカ合衆国。銃を使った凶悪犯罪が頻発し、深刻な社会問題となっている。そんな中、驚くべき形態のレストランがある。もちろん、アメリカの多くのレストランでは店内への銃の持ち込みを禁止している。しかし、コロラド州の『シューターズ・グリル』では、入店に際して客に銃の携帯を許可し、驚くべきことに、ウェイトレスにまで銃を携帯させているというのだ。

この店のウィエイトレスは銃の扱いも長けており、腰に下げて業務を行っている。緊急事態には銃を抜いて対応することも可能。

また、入り口の看板には、
「GUNS ARE WELCOME ON PREMISES(店内への銃持ち込み歓迎」
と、記載されている。さらに続けて、
「必要のない時はホルスターにしまっておいてください。万が一の場合、慎重な使用をお願いします」
オーナーのローレン・ボーバートさんは、コロラド州で許可されている銃所持の法にのっとっているとコメントしている。アメリカ、メキシコ料理を提供するこの店では、今までのところ大きなトラブルもないらしい。

店舗に来店したお客さんによれば、
「小さな町だから、他力本願ではなく、犯罪は私たち自身で解決する」
と、話している。

全ての人が銃を持たないことが安全というのは、万国共通の認識で間違いない。しかし、この店では銃を銃で制する、つまり、皆が持つことで安全の均衡を保っているようだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.