日刊大衆TOP トレンド

1年間で10万円浮く!プロが教えるドライバー超節約術 vol.03

[週刊大衆03月10日号]

給油の方法も節約に繋がるコツがある。
「絶えず満タンにしておくと、そのぶん車が重くなって燃費が落ちる。だから、燃料が半分まで減ったところで、あとは10リットルずつくらい給油する。ただ、燃料の残量を極端に少ない状態で保つのは、エンジンの劣化を招くのでやめましょう」(千賀氏)

駐車料金については、こんな節約テクニックが。
「デパートやショッピングセンターは、ある程度の利用料金で無料になりますが、もし、その金額が足らなければ商品券などの金券を買うんです。金券なら基本的に無駄になりませんから」(前出・情報誌記者)

年単位で見直しの時期がやってくる任意の自動車保険も大幅節約が可能だ。
「対人・対物補償を削るのは危険ですが、車両保険を外してしまうのも、ひとつの手です。車の残存価値にもよりますが、10年以上乗っているのなら有りだと思います」(ファイナンシャルプランナー)

節約額は一概には言えないが、40代のドライバーが7年落ちの車だったので思い切って車両保険を外したところ、年間で6000円節約できた例もある。
また、すでに見たように昨年秋に自動車保険料が軒並みアップしており、「その点で、毎回、あまり考えずに契約更新している人も、次の保険契約の更新では、ぜひ見直してみるといいと思います」(前同)

今回、紹介した節約術をすべて実践できれば、年間10万円以上の節約も十分に可能。
できるところから試してみてはいかが?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.