日刊大衆TOP 芸能

NHK朝ドラ「花子とアン」過密撮影で吉高由里子に「SEX爆発危機」

[週刊大衆03月10日号]

女優の吉高由里子(25)が大変なことになっている。

「いま、彼女は3月から始まるNHKの朝ドラ『花子とアン』の撮影のため、山梨県の甲府で長期ロケを行っているんです。基本的に現地では収録現場とホテルの往復生活。吉高は、都内にいるときは毎晩飲み歩いているようなので、相当ストレスが溜まっていると思いますよ」(女性誌記者)
と言うが、その懸念は、どうやら的中しているようだ。

彼女は、ツイッターで日常を報告しているのだが、〈ぐんぐんぐんずんずんずんお勉強っおべんきょおおべんきょぉおおおきょょおぉぉおおおおらは向こう10ヶ月間ずっと花子ずら〉
〈もう私の手の届かない所で私のイメージが形成されて誰かの中では完成されてるもう私よりもずっとその人と近く、長く。気が遠くなる程好きになってくれてもいいけどさ吐き気する程嫌いになってくれてもいいけどさ貴方の中でもうどうにでもしてくれてもいいけどさ今私は何人いるんだろ〉

など、情緒不安定な様子を感じさせるつぶやきを連発しているのだ。
さらに、「2月初めには"うぅ。そろそろタイ料理食べたい"と、つぶやいていますね。吉高とタイ料理といえば、昨年、東京・中目黒のタイ料理店で、バンドマンのカレとの親密デートが激写されたのが記憶に新しい。そのデート後、吉高はカレの家に直行し、3日間もそのまま連泊したんです。つまり、彼女の頭の中では、タイ料理=カレとのセックス、というイメージができあがっているに違いありません」(夕刊紙デスク)

甲府で"監禁状態"にある彼女の頭の中は、もはや「セックス」でいっぱいなのかもしれない。
それを裏づけるような、こんな重要証言が飛び込んできた。

写真誌カメラマンが言う。
「実は、朝ドラ撮影がすでに始まっていた昨年11月末の映画祭で、吉高は4回もパンチラを披露したんです。4回なんて異例中の異例。だって僕らは、一度あるかないかのチャンスを絶対に逃さないように仕事に臨んでいるんですから!しかも、いろいろな角度から、切れ込みの鋭い黒いパンティを、"これでもか"と見せつけんばかりに披露した。あれは、欲求不満以外の何物でもないですよ」

それから3カ月。
〈公衆電話がなんだかちょっと色っぽかったの(中略)我慢できなくなる〉とツイート。
暴発は眼前に!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.