日刊大衆TOP コラム

自由の女神が踏んでいる

[週刊大衆08月11日号]

アメリカ・ニューヨーク港のリバティ島には自由の女神像があります。

正式名称は「世界を照らす自由」。

重さ225トン、台座を含めた高さ93メートルという巨大な建造物で、世界遺産にも指定されています。

女神像は、アメリカ独立100周年を祝ってフランスから贈られたものです。本体はフランスで造られたあと、214個に分解してニューヨークに運びました。

完成は1886年、約130年前です。作者はフランスの彫刻家・フレデリック・バルトルディ。

女神の顔は彼の母親がモデルだとか。デザインはドラクロワの絵『民衆を導く自由の女神』をもとにし、設計にはエッフェル塔に名を残すギュスターヴ・エッフェルも参加しています。

左手に独立宣言書を持ち、右手でたいまつを高く掲げた女神のポーズは、世界的に有名です。

しかし、足がどうなっているかは意外と知られてないようです。

自由の女神の左足は、弾圧からの解放と自由を表すため、あるものを踏みつけています。

いったい何を踏みつけている?

1.銃と剣
2.鎖と足かせ
3.王冠

答えはココを押す! 答え :2

出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 『最右翼』の由来 『最右翼』の由来
  • 唯一右回り 唯一右回り
  • 運転中の視野 運転中の視野
  • 左利きの人 左利きの人
  • 日本橋の橋名盤 日本橋の橋名盤

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.