日刊大衆TOP 芸能

林家木久扇「より一層おもしろくなって帰ってまいります」他、今週の「芸能人発言」まとめニュース

後藤真希「このたび、後藤真希は入籍しました」
元モーニング娘。の後藤真希(28)が22日にブログを更新し、「このたび、後藤真希は7月22日に入籍しました」と発表した。お相手は、昨夏から交際していた会社員の男性(25)。
11歳の時に父を亡くし、2010年には母が自宅で転落死、そして弟の逮捕など、数々の悲劇に襲われていた後藤は「もともと憧れていた自分でつくる家庭への想いが日に日に、強くなっていきました」と、その胸の内を綴っている。また、今後については「入籍しても、もちろん芸能活動は続けていきたいと思っています」とのこと。所属事務所によると、挙式予定はないようだ。

林家木久扇「より一層おもしろくなって帰ってまいります」
落語家の林家木久扇(76)は21日、初期の喉頭がんであることを直筆署名入りのFAXで発表した。喉に違和感があり、声が出にくい状態であったため精密検査を受けた結果、初期の喉頭がんと診断されたようだ。
「より一層おもしろくなって皆様の前に帰ってまいますので、それまでお休みをいただきたく思っております」と綴った木久扇の復帰は、今年の秋が予定されている。

中島知子「一緒に取材を受けさせてもらいたかった」
22日、タレントの中島知子(42)がCS「MONDOTV」の番組「みうらじゅん&山田五郎の親爺同志」の公開収録に出演した。しかし、その後の囲み取材を欠席。現場は険悪な雰囲気になりかけ、みうらじゅん(56)と山田五郎(55)が「僕らになんでも聞いて。本当、ごめんね」と、必死に盛り上げをはかる一幕も。
翌日、中島はブログを更新し「自分は囲み取材の存在すら知らず、事務所の担当者が私に話が来る前に断っていたみたい」と明かしている。中島としては「一緒に取材を受けさせてもらいたかったです」と、実は囲み取材はやぶさかではなかったよう。「みうらさんと山田さんと一緒に取材を受けさせてもらえる機会は滅多にありませんし」と逆に残念がっており、「MONDOTV」を運営するターナージャパンからは「突然のキャンセルによるものではなく、弊社および委託先番組制作会社の調整不足によるもの」と今回の騒動に対する謝罪コメントも出されている。

西川貴教「(復縁は)まったくないと思います。よき理解者です」
ミュージシャンのT.M.Revolution・西川貴教(43)は17日、ニコニコ動画内の生放送番組『西川貴教のイエノミ!!第七四夜』にて、19~20日にかけ放送される「ニコニコ23時間テレビ」のゲストを発表した。ゲストについて把握していなかった西川は、告知ボードに書かれる前妻・吉村由美(39)の名前を見つけるや「えっ、どういこと。アカンって、やめよ~」と、動揺。
翌日の18日、自身が主催する「イナズマロックフェス2014」の発表会見を行った西川は、「急きょ共演が決まり、不穏な空気も流れていますが……」と、導火線に自ら触れてみせるチャレンジ精神を披露。しかし復縁について聞かれるや「それはまったくないと思います。よき理解者です」と、その点に関しては否定した。


先月末に復帰したばかりの後藤真希が、今度は入籍を発表! 相手の男性について後藤は「一緒に居てやすらぐ、思いやりのあるパートナーです。彼との出会いが、再始動のきっかけにもなりました」とコメントしている。また、モー娘。OGからの祝福コメントも続々と寄せられた。
初代リーダー・中澤裕子(41)からは「OGみんな祝福の嵐さっ!みーんなみんな喜んでます」
飯田圭織(32)からは「ごっちん、本当に本当におめでとう 直接知らせてくれて嬉しかったよ!!」
保田圭(33)からは「今度ねお祝いの会約束したんだ」
藤本美貴(29)からは「みーんなママになったらまた集合したいね」
高橋愛(27)からは「大好きな後藤さんが結婚 素敵過ぎるーーーー☆」
紺野あさ美(27)からは「おめでとうございます。大好きな先輩です」
などなど、どうやら、その絆は健在のようだ。
一方、治療専念のため休業に入る林家木久扇師匠。レギュラー出演している「笑点」(日本テレビ系)では代役を立てず、空席で木久扇の復帰を待つ形をとる模様。同番組司会の桂歌丸(77)は「きくちゃんのことだから大丈夫。1日も早く戻って来てほしい」とコメント。
またレギュラー仲間である林家たい平(49)は「木久扇師匠は落語会にとっても笑点にとって宝物。すっかり治してお戻りになるということなので、治療に専念してもらいたい」と、偉大な大先輩にエールを送った。

(寺西ジャジューカ)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.