日刊大衆TOP グ スーヨン

第17回 愛よりエアコン! 思いやりよりエアコン! エアコンがなければ、映画が観られないじゃないか!

2014-07-30

天才CMプランナー グ スーヨンが教える「いいかげん学習法」


アツイアツイアツイアツイアツイアツイアツイアツイ
何回書いても暑いものは暑い!
暑いっ、たまらん!
オレが、どんな悪いことをしたっていうのよっ!
(やっちまった悪いことを数え上げるとキリがないので)
もう許して!

事務所のエアコンが壊れて二週間目に突入!
この絶体絶命的な非常事態がご理解いただけますでしょうか?

まずメーカーに電話しました。
「現在、大変混み合っていますので、来週になります」
「そうですよね、忙しい時期ですもんね」
やっと一週間後にサービスの方が来てくれました。
「エアコンの機械自体に故障などの問題では無さそうですね~、たぶんどこかが断線してるんでしょう、電気屋さんに見てもらってください」
「そうですか、電気屋さんじゃないとダメなんですか?」
「機械の問題じゃないので」
次に、電気屋さんに電話しました。
「現在、大変混み合っていますので、来週になります」
「そうですよね、忙しい時期ですもんね」

これは、デジャブかっ?
あの既視感っていうデジャブなのかっ!

一週間前にも、同じ会話をしたような…
そして更に一週間後、電気屋さんがいらっしゃいました。
「どこも断線してないですね、エアコンの機械自体の問題でしょう」
「うっそーっ…」

まさかの堂々巡り…
二週間のムダな堂々巡り…
暑さと激バトルしたオレの2週間を返してくれっ!

再びメーカーに電話しました。
「只今、電話が大変混み合っていますので、しばらく経ってからお掛け直しいただくか、そのままお待ちください」

しばらくどころか、二週間経過しておりますが…

メーカーのコールセンターの電話って、どうしていつも混み合ってるんでしょうねぇ?
サボってるでしょ?
ホントは、録音音声を流しっぱなしにして、優雅にスタバのストロベリー ディライト フラペチーノなんか飲んでるんでしょ?
コールセンターのギャルとイチャイチャしてるんでしょ?
「ダメですよ~、会社でこんなことや、あんなことなんて」
「いいじゃないか、減るもんじゃ無し~」
とか何とか言って、
あんなことや、こんなことやっちゃってるんでしょ?

失礼いたしました… (小さな声で)

そりゃね、
この暑い時期ですからね、
忙しいのも分かりますよ。
でもですね、
メーカーと電気屋の、たらい回しは勘弁していただきたい。

企業の経営方針から、アフターサービスとかコンシューマーサービスとかの概念が消えてから、こんなことばっかりの世の中になってしまいました。
企業を大きくしていくには、経費削減して売り上げ増大、当然ですね、そんなことは重々分かっております。
オレだって社長だったら、間違いなく必ずそうするでしょう。

一度買ってもらったユーザーには、テキトーに対処する。
釣った魚に、エサはやらない!

男なら、常識の通説でございます。

しかし、
オレにはオレの事情がありまして、一週間に十冊以上の本を読む、十本以上の映画を観る、十枚以上の音楽を聴く、というフツーに大変な事情があるんです。
百歩譲って、本と音楽は、どこか涼しいところへ行けばいいけど、映画は、なかなかそうはいかない。
エアコンの効いた劇場で観るのは、経済的にも時間的にも限界があるんです。
必然的にDVDやダウンロードが、主体になってしまいます。

環境を整える!

楽しむワケじゃないですよ、学習のためです。
友達環境も同じですね。

今回は、愚痴コラムになってしまいました。
次回から真面目に書きます… たぶん…


グ スーヨン(具秀然 gu suyeon) プロフィール
1961年、山口県下関出身の在日韓国人二世。
CMディレクターとして多くの話題作を手掛け、注目を集める。
1994年にGOO TV COMPANY ltd.設立。その才能は多岐に渡り、作詞家としての活動をはじめ、2001年には初の小説「ハードロマンチッカー」を刊行。小説家としても高い評価を得る。
2002年に2冊目となる小説「偶然にも最悪な少年」刊行。
ACC最高賞、ロンドンクリエイティブアワード他、受賞多数


グさんが手掛ける話題のタクシーCMをCheck!
『グとハナはおともだち』
【CM作品】
・ケビン・コスナーのサントリーモルツ
・永瀬正敏の資生堂メンズスタイリングムース
・「脱いでもすごいんです」のTBC
・「パソコンできない人は亡びる」COMPAQ
・ジャン・レノのHONDAオルティア
・内藤剛士の「だって8時間だもん」SONYハンディカム
・ウルフルズの資生堂GERAIDOから堂本剛の資生堂GERAIDO
・鼻血を出した金城武のライフカード
・菅野美穂の「なにのもっかなぁ」サントリービタミンウォーター
・「ピンキリ」優香と加藤君のカーセンサー
・ひろみ郷の雪国まいたけ
・「あきらめましょう」を歌う華原朋美、伊藤蘭のポッカ
・金城武のLYCOS
・柳沢慎吾のピザーラ
・福山雅治のダイナブック
他、IBMのe-business、缶コーヒーのジョージア、ヤクルトジョア、ポラロイド、日本火災、DDIセルラー、うまかっちゃん、関西J-phone、九州J-phone、所ジョージのラビット、佐川急便、篠原凉子の「やばっグッときた」ORIXカード
など、お茶の間を騒然とさせる話題作多数。


【出演番組】
1995年:テレビ朝日の「えびす温泉」では、レギュラー審査員。
1998年:テレビ朝日ドキュメント「21世紀への伝言」で、現在活躍する在日韓国人クリエイターとして出演。
1999年:TBSの「情熱大陸」で、自身をドキュメントされた。
2010年:タクシーちゃんねる「グとハナはおともだち」
2013年:ベイFMレギュラー番組「接続したくない人たち」毎週月曜25時~


【手がけた作】
・内田有紀「baby's growing up」MTV
・槙原敬之「SPY」「どうしようもない僕に天使が降りてきた」MTV
・チャー「SMOKY」MTV
・ウルフルズ「まかせなさい」MTV
・内田有紀のアルバム「愛のバカ」「nakitakunalu」プロデュース
・ポッカのCMソング「あきらめましょう」や田原俊彦、林明日香、ラグフェアなどの作詞を手がける。

2001年3月:初の小説「ハード・ロマンチッカー」刊行
2002年6月:「偶然にも最悪な少年」刊行
2003年9月:初監督映画、「偶然にも最悪な少年」全国東映系ロードショー。主演 市原隼人、中島美嘉主演
2005年:韓国プチョン国際ファンタスティック映画祭に審査員として招かれる。
2007年5月:映画「プルコギ」全国公開。主演 松田龍平、山田優
2010年1月:テレビ東京「ジロチョー清水の次郎長維新伝」監督
2011年11月:映画「ハードロマンチッカー」全国公開。主演 松田翔太


【2015年公開予定のグスーヨン監督映画が現在企画進行中】
プルコギ 偶然にも最悪な少年 ハードロマンチッカー 偶然にも最悪な少年

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.