日刊大衆TOP 社会

「犯行声明を残す下着ドロ登場!?」他、今週のわいせつ事件まとめ

「下着は預かった」犯行メモ残す下着ドロ
海上自衛隊厚木基地所属の3等海曹(39)が、女性の下着の窃盗容疑で逮捕されていたことが、15日わかった。容疑者は昨年6月、大和市に住む20代の女性の下着を盗んだ際「下着は預かった。返してほしければ全裸で取りに来い」などと書いたメモ2通を女性宅前に残したという。供述によると「女性が怖がったり、嫌な思いをしたりするのを想像してみたかった」と話しているとのこと。

授業参観日に保護者がトイレを盗撮
長野県警千曲署は16日、千曲市内の小学校の女子トイレの個室にデジタルカメラを設置し、動画を撮影した疑いで会社員の男(38)を書類送検した。小学校によると、この日は参観日。昨今警戒が厳重な小学校だが、男は保護者として侵入。実際に通学する自分の子どもの授業を見に来ていた。校長は「児童や他の保護者に不安な思いをさせて申し訳ない」と話しているという。

どさくさで女子高生のパンツを下ろした高校教師
東京都教育委員会は18日、都立高の男性教諭(53)を停職1月の懲戒処分とした。教諭は12年9月、顧問を務める陸上部の女子部員が大会に出場していた際、腰にテーピングをする必要があったため、女子部員とともに救護室に。女子部員をうつぶせにし、下着を臀部や性器が露出するまでひきずり下ろしたという。女子部員が学校に相談して発覚した。

マッサージ店で勝手に性感マッサージをして御用
マッサージ中、客にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつの疑いで東京・江東区のマッサージ店経営者(28)が逮捕された。警視庁によると、男は今年5月、客として来た女性(25)に対し、背中のマッサージを終えてあおむけにした後、マッサージを逸脱した行為で胸を触ったり、乳首などに不必要なキスをした疑いが持たれている。

30人もの少女に売春あっせん
神奈川県警少年捜査課と都筑署は24日、児童福祉法違反等の疑いで、無職の男(34)を逮捕した。男は12年夏ごろから13年2月ごろまでの間、派遣型売春店を運営。少女約30人に売春などをさせていたという。少女が18歳以上の女性を装って出会い系サイトで客を集め、場所や金額などを交渉。ホテル近くで待機する少女らに客を割り振っていた。同署の調べに対し、男は「月に約100万円を受け取ることもあった」と供述している。

「オールガスにしませんか」言葉たくみにOLに近づくわいせつ男
埼玉県警は『オール電化ではなく、オールガスにするとかなりお得です』というセールストークで女性をひきとめ、突如わいせつ行為に及ぶという男の捜査を続けている。さいたま市の捜査関係者によると、男は偽セールストークに応対した女性に抱きつき、大声を出されると逃走するというパターンだという。被害者は20~30代の若い女性。本物のガス業者に苦情が来ており、業者も困惑しているとか。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.