日刊大衆TOP 岩井志麻子

【感じやすい人達】 1/4話

2014-08-12

恐怖とエロスの貴婦人 岩井志麻子の 路地裏ホラー

彼女は子どもの頃、自分が際立つ美人でもなく勉強もスポーツもぱっとせず、金持ちの子でもないのを悩み、悶々としていたそうだ。私もその気持ちは、大いにわかる。
取り柄のない地味な子がなんとかして目立とうと思ったら、不良になるか病弱を装うか、霊感があるというしかなかったというのも。彼女は、最後の手段を取った。

「夏休み明けの二学期からですね。見えないのに見える、感じないのに感じる、嘘ばかりついているうちに、だんだん本当に変なものが見えたり聞こえたりするようになった。

私を霊感少女と信じた近所のお兄さんが、逃げた女を探してくれなんていってきて。なぜかそのとき、爪を真っ赤に塗った足がちらっと見えたんです。

男の足と、絡み合っていた。でもなんだか怖くて、男の足と、っていうのは省いて伝えました。お兄さんは興奮して、『当たってる。あいつは男と逃げたな』と叫びました。
『あいつは普段は手の爪しか塗らないけど、男ができると足の爪も塗るんだ』なんていって、ますます私は評判になりました。

それからふうっと、近くに鉄塔があって水産加工の工場がある場所が浮かびました。全裸の女の人も浮かんだ。全身真っ白なのにも足の爪だけが真っ赤。
それをいうとお兄さん、『そこわかる。あいつの客だったワルの社長が所有してる土地だ』なんていい出して。本当にお兄さんの彼女、全裸でそこに埋められてたんですよ。

その後からひどい悪夢にうなされたり、自分でも止められない奇声を上げ続けたり、自傷行為に及んだり、親に入院させられました。それですっかり、懲りました」
引っ越して転校したのを機に、二度と霊感があるなどと嘘はつかなくなった。精神的にも落ち着き、もう妙な霊感は働かなくなったという。


岩井志麻子(いわい しまこ) プロフィール
1964年12月5日生まれ
A型
高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。少女小説家を経て、1999年『ぼっけえ、きょうてえ』が選考委員の絶賛を受けて、日本ホラー小説大賞 を受賞。 半生を赤裸々に語るトークや「エロくて変なオバチャン」を自称する強烈なキャラクターが注目を集める。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.