日刊大衆TOP 芸能

第7回 島田 洋七 気になるあのひとのプライベート覗き見!『おとなの自由時間』

寿司屋めぐり、温泉街飲み、自宅遊び! 一日の終わりに「あ~、今日も楽しかった!」って思わなかったら寝られへん!


「おとなの自由時間」がテーマということで、洋七さんが今一番興味を持って楽しんでいらっしゃることを伺えればと思っているのですが、今ハマっている、夢中なことがあればぜひ教えてください!

う~ん、ないな(笑)! 今までなんでもかんでもやってきて、今夢中なコトって言ったら、"考え中"やな。まあ、ハマっているというか、結構長く楽しんでるのは温泉に行くことかね。

今、いろんなとこに温泉と素泊まりで一棟借りられる温泉があるのよ。後輩とかと一緒に別府、長崎、他の場所にもよく行くね。温泉に行ったらごはんは絶対外で食う。だって旅館に行って温泉に浸かって、さらに旅館の中でメシ食って、旅館で寝てたらどこでも一緒やん! 外に食べに行った方が街の様子がよくわかる。地元の人と会ったするのも楽しいし。

長崎に行ったら必ず寿司屋に行くね。たまたま見つけて長年通ってる、いい寿司屋があるのよ。まあでも、長崎だけじゃなく、どこでも寿司屋に行ってるわ。もう30何年以上いろんな寿司屋に通ってるけど、やっぱり楽しいね。365日のうち、300日は寿司屋に通ってる。寿司やつまみを食うのが好き、っていうよりカウンターが好きなんやね。カウンターのケースのとこにドーンと切り身になってない魚が置いてあったりするのがいい。きちっと切ってあったら日にちが持たんらしいよ。

「これ、うまそやないなあ」とか冗談を言って大将と話すのも楽しいしね。そんなこと、俺が言ってもあんま怒られへん(笑)。

全国のお寿司屋さんを巡ってらっしゃるんですね! いろいろな地方で行くとなると、やはり海の近くのお寿司屋さんが美味しいんでしょうか?

海の近くの方がネタが新鮮だったりはするけど、そればっかりでもないよ。今は流通が結構しっかりしているから、仕入れが上手ければ美味いしな。
でも東京の寿司屋はなかなか、いい店がないね。某有名店なんて、8貫で3万は高すぎるわ! 俺も寿司屋を経営しとるけどな、板さんに言ったら「うちじゃそんな高くは作れない」って言ってたわ。地方だったら3人で食べても3万ちょっと、飲んでも4万くらいやから。東京は軽く倍やもんね。

俺も東京に居た頃は「そんなもんかなー」なんて思ってたけど、13年前に佐賀に引っ越したり、いろんな地方の寿司屋に行って、美味しい地元のモノを常識的な値段で食べられることがわかってからは、違いに気づいたね。東京の寿司屋におる人ははっきりいって"金持ち"やん。カッコつけとるもん。会話から違うからな。俺らはガサツやから、お店側に「静かにしてください」って言われたこともある(笑)。それに、「おまかせ」ってやつが嫌やねん。「なんでおまえ主導権やねん、金払うの俺や!」って思うね。気取ってシーンとしてる寿司屋は行っても盛り上がらんねぇ。

昔、たけし(※ビートたけし氏)と寿司屋に行ったら、座った瞬間「これから食べてください」って言われて頼んでもないモノを出されて、一瞬で帰ったことがあったわ。「俺ら子供か!」って思うわ。喰いたいもんも食えんし「静かにしなさい」って言われて。好きに食わせろっていうねん。俺には似合わん。

次ページ >> 第7回 島田 洋七 気になるあのひとのプライベート覗き見!『おとなの自由時間』

第7回 島田 洋七 気になるあのひとのプライベート覗き見!『おとなの自由時間』

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.