日刊大衆TOP 社会

江戸を揺るがす大怨霊の霊威は今も……千年を越える将門塚の祟り

[古地図で巡る江戸の怪談]

関東の豪族にして時の朝廷に半期を翻し、天慶3年(940)に討たれた武将・平将門。「平将門の乱」と呼ばれる事件だ。将門のクビは京に運ばれ晒されたが、あたかも生きているかのように目を見開き、夜ごとに喚き、ついにはもう一戦するがために、切られた体を求めて関東に向かって飛び去ったという。そして、その首が落ちたとされる地が将門塚、つまり将門の首塚なのだ、その後、この地にあった神田明神に手厚く祀られたことで、将門の怨霊は一転、神と崇められる存在となる。
だが、その後も移転の話が起こるたびに、何かと異変が起きては将門塚の祟りと、人びとを震え上がらせた。その“恐れ”は現代にも綿々と受け継がれ、数々のまことしやかな都市伝説を今なお、生み続けているのだ。

次ページ >> 江戸を揺るがす大怨霊の霊威は今も……千年を越える将門塚の祟り

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.